複雑そうなギザギザのシフトをなぜ採用? いま「ゲート式」のAT車が増えているワケ (1/2ページ)

noteで書く
複雑そうなギザギザのシフトをなぜ採用? いま「ゲート式」のAT車が増えているワケ

日本車はストレートタイプが多かった

 AT車(2ペダル)のシフト操作系はクルマによってさまざまで、それが賛否両論を招くこともあるが、国産車でオーソドックスなタイプといえば、シフトノブのボタンを押して変速するストレートタイプだろう。

 前方からP・R・N・Dと並んでいて、Dの先にはエンジンブレーキを強めるLやB、Sといったポジションなどが用意されているというシフトパターンをよく見かける。

【関連記事】一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

ゲート式AT画像はこちら

 しかし、ATのシフト操作系はストレートタイプが大多数というわけではない。最近ではギザギザのシフトゲートに沿ってレバーを動かす「ゲート式」も増えている。はたして、ゲート式のメリットは?  また、デメリットはあるのだろうか。

ゲート式AT画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報