青空駐車の人は要注意! クルマを劣化させる紫外線への対策とは (1/2ページ)

青空駐車の人は要注意! クルマを劣化させる紫外線への対策とは

長い目で見れば屋根付きガレージ保管とは大きな差がつく

 駐車環境というのは悩ましいものだ。換気のできるシャッター付きのガレージに保管できればベストだろうが、そうはいかないのが現実。屋根があるだけでも幸せで、野天での青空駐車という場合も多いだろう。今どきのクルマは青空駐車でもすぐにダメになることはないが、長い目で見ればダメージは蓄積していくもの。とくに夏場は紫外線のダメージが気になる。青空駐車

 紫外線は太陽から降り注ぐので、なにはなくともボディケアなのだが、UVカットという点では固形のワックスなどよりも、化学的にがっちりと守ってくれるコーティングのほうが有利だ。ただし、コーティングであればなんでもいいわけではなく、効果効能に紫外線からの保護を謳っているものを選ぶようにしたい。青空駐車

 またタイヤもダメージを受けるが、こちらもUVカット剤配合のタイヤワックスがオススメ。タイヤワックスを塗ると逆にタイヤの劣化が進むということもあるが、それは油分でゴム内部の紫外線カットなどを目的とした劣化防止剤が流れ出るというのが理由。UVカット剤配合のタイヤワックスを使えばその問題もないし、実際のところ、配合の有無に関わらず早々に劣化することはないだろう。青空駐車

 それよりもなにも塗らずに、保護されないほうが心配だ。気になるなら水性のワックスもあるのでそれを使うといい。

画像ギャラリー