マツダの軽に初採用の安全装備も! スクラムバン&ワゴンが一部改良

マツダの軽に初採用の安全装備も! スクラムバン&ワゴンが一部改良

夜間歩行者検知機能やオートライト機能などを追加

 マツダは2019年7月4日(木)、広い荷室と使いやすさを追求した軽商用車「スクラムバン」と軽乗用車「スクラムワゴン」を一部改良して発売した。

 今回の改良では、先進の予防安全技術の拡充による安全性と、室内の使い勝手を向上。

 安全性能はスクラムバン「PAスペシャル」「PCスペシャル」「BUSTER」とスクラムワゴン全車に、マツダの軽自動車で初となる夜間歩行者検知機能を備えた「デュアルブレーキサポート」と、超音波センサーによる「後退時ブレーキサポート」などを新たに設定している。

 これにより、経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車」の「サポカーS・ワイド」に該当した。

スクラムバン/スクラムワゴン

 室内の使い勝手も向上。スクラムバンでは前席上部にある「オーバーヘッドシェルフ」を全車標準化したほか、「PA」「PAスペシャル」の「ユーティリティナット」を10個から12個に増やし、荷室アレンジの自由度を広げた。

 また、夜間走行時の安全性を高める「オートライト機能」もDCBSとの組み合わせで追加。「PAスペシャル」と「BUSTER」グレードで従来の5速オートギアシフトを、より操作が簡便な4速オートマチックトランスミッションに変更した。

 スクラムワゴンでは「PZ TURBO」グレードを全高1910mmのハイルーフ仕様に変更し、室内高1420mmを確保。乗員がゆったり快適に過ごせる室内空間と多くの荷物を積み込むことができる荷室を実現した。

 ほかにも、全機種でオーディオガーニッシュを従来の180mmから200mmワイドに変更している。

 メーカー希望小売価格は、スクラムバンが95万400円〜140万1840円。スクラムワゴンが149万400円〜183万6000円(税込)。

画像ギャラリー