限定500台のみ! 機動隊の特型警備車両PV-2が1/43スケールでモデル化

限定500台のみ! 機動隊の特型警備車両PV-2が1/43スケールでモデル化

特殊な任務を担当する機動隊車両のモデル化は希少!

 希少な警察車両などをモデル化することで人気のヒコセブンは、オリジナルブランド「RAI’S」よりレジン製1/43スケール「PV-2 2007 警察本部警備部機動隊特型警備車両」の予約受注を、同社が運営するミニカー専門店・モデルギャラリーHIKO7ならびに全国の模型店にてスタートさせた。1万5000円(税抜き)。

 RAI’Sシリーズは、警察車両をメインとするシリーズ。パトカーは各県警の書体の違いやコールサイン、車体内部の無線機といった細部にまでこだわっているのが特徴だ。

 今回モデル化されるのは、全国の機動隊に配備されている特型警備車両。市販トラックをベースにしているが、防弾・防爆性能を高めるために車体外観は装甲で覆われている。市販車の面影が残っていないため、特殊車両であることがひと目でわかる外観だ。機動隊

 この車両は機動隊の銃器部隊が使用するため、車体側面や後部、天井などには銃眼が設けられており、そこから狙撃が可能となっている。もちろん、1/43スケールという比較的コンパクトなモデルではあるが、これらもきちんと再現されている。機動隊

 その他のRAI’Sモデル同様、再生産なしの限定モデル。ちなみにこのモデルは500台限定となる。警察車両が好きなファンは、ぜひとも手に入れてほしい。機動隊

画像ギャラリー