トヨタの販売現場は混乱必至! 2020年に迫る全店舗全車種取り扱いに立ちはだかる壁 (1/3ページ)

トヨタの販売現場は混乱必至! 2020年に迫る全店舗全車種取り扱いに立ちはだかる壁

隣同士の店舗でまったく同じ車種を扱うことになる

 6月24日にトヨタは、系列ディーラーでの全店舗全車種扱いの開始を、従来の2022年~25年をメドとしていたのを、2020年5月に前倒しすることを発表した。

 現在東京地区を除けば、トヨタブランド車の販売ディーラーは、トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店の4チャンネルが存在し、トヨタ店にはクラウン、トヨペット店にはハリアー、カローラ店にはカローラ、ネッツ店にはヴィッツといったように専売車種が設けられている。

【関連記事】軽も普通車も激戦! 新車販売台数トップを守る熾烈な争いを逆手にとったお得な購入術とは

トヨタ車画像はこちら

 すでに売れ筋のプリウス系やアクア、シエンタなど複数の車種が全店舗全車種扱いとなっているが、これが来年5月からはトヨタ車すべてを、全国のトヨタ系ディーラー全店舗で購入することが可能となるのだ。6月中旬にあるトヨタディーラーを訪れた際、「全店舗全車種扱いのスタートが早まりそうだ」という話を聞いていたが、それが正式発表されたのである。

 どこの店へ行ってもトヨタ車すべてが買えるというメリットのほかに、さまざまな新しいサービスの提供を進めていくというが、ここで注目したいのが、ディーラー(販売会社)も含めて販売拠点の整理統合などについては触れていないことである。

 つまり、地域によっては例えばカローラ店とトヨタ店が隣り合っていたりする場所も多いだろう。そのような地域はそのまま全店舗全車種扱いがまず行われるようなのだ。トヨタ車画像はこちら

 また、全店舗全車種扱いとともに、いままであった兄弟車などはいらなくなるので、車種整理も行われていくようだ。しかし、今回のリリースでは車種整理についても同じタイミングで行われるのかについては触れられていない。そのためノア、ヴォクシー、エスクァイアといった兄弟車などもそのままとなるようだ。トヨタ車画像はこちら

 全店舗全車種扱いだけをまず実施すれば、トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店の間で、クラウン同士、カローラ同士などでの、値引き合戦が多発し、トヨタ系ディーラー同士での“潰しあい”は避けられないとは業界事情通氏。

「カローラ店やネッツ店は、同じ販売地域内に資本の異なる販売会社(ディーラー)が複数存在します。となればまさしく会社の存亡をかけた潰しあいとなります。販売現場では『うちは呑みこまれる側だろうな』などといった話もよく聞かれるようになりました」。

 その意味では、来年5月以降はしばらくトヨタ車が断然買い得になるということにもなりそうだ。

名前:
小林敦志
肩書き:
-
現在の愛車:
2019年式トヨタ・カローラ セダン S
趣味:
乗りバス(路線バスに乗って小旅行すること)
好きな有名人:
渡 哲也(団長)、石原裕次郎(課長) ※故人となりますがいまも大ファンです(西部警察の聖地巡りもひとりで楽しんでおります)

画像ギャラリー


新着情報