日本での発売を熱烈希望! 新型三菱パジェロスポーツが90カ国で順次販売開始 (1/2ページ)

日本での発売を熱烈希望! 新型三菱パジェロスポーツが90カ国で順次販売開始

日本ではかつてパジェロの弟分として親しまれていたモデル

 三菱自動車はミッドサイズSUVの新型「パジェロスポーツ」をタイで世界初披露し、販売を開始した。パジェロスポーツは、昨年度にグローバルで約7.7万台を販売した三菱自動車の世界戦略車の一台。今後はタイをはじめ、フィリピンやオーストラリアなど約90カ国に順次展開していく予定だが、残念ながらそのなかに日本は含まれていない。

 日本では耳馴染みのない人も多いであろうパジェロスポーツだが、日本では2001年まで「チャレンジャー」の名称で販売されていたモデルの後継車種だ。しかし、パジェロとキャラクターの重なる部分が多く、日本では販売が中止され、海外専売となった。一部地域では「モンテロスポーツ」として販売されている。パジェロ

 パジェロスポーツは本格クロカン「パジェロ」で培ったオフロード性能や信頼性、耐久性に、乗用車並みの快適性と機能性を融合させたミッドサイズSUV。今回は「Elevate your Journey」をモデルチェンジのキーワードとし、力強さを高めながら、洗練されたエクステリアや先進的な機能、快適なインテリアを装備してドライバーの冒険心や探究心に応える。パジェロ

 パワートレインは2.4リッターMIVECディーゼルターボエンジンと8速ATを組み合わせ、高い環境性能と軽快な走りを両立した。

画像ギャラリー