「オラオラ顔」全盛時代のオアシス! アオる気も失せる「癒し顔」クルマ5選 (2/2ページ)

noteで書く

イカついグリルの派手さはゼロ! 外観のシンプルさもポイントに

3)ダイハツ・ミラトコット

 続いて、新世代癒し系グルマの大本命といってもいい軽自動車が、ダイハツ・ミラトコット。どこか「無印良品」的な、シンプルな中にほっこりとした温もりを感じさせるデザインで、自然体で生きることに喜びを感じる若い世代には響くのではないでしょうか。実際、ミラトコットのデザインはゴテゴテと盛ったりしすぎる見た目には気後れする、という若い女性たちの意見を参考にしつつ、時代に合った「女性らしさ」も表現されているといいます。

【関連記事】日本車は没個性なんてウソ! 歴史に残る超個性的なクルマ5選

癒し顔のクルマ画像はこちら

 運転しやすさ、安心感にもこだわっていて、とてもリラックスして乗れるのもミラトコットの魅力です。ブランドもののバッグよりノーブランドでも使いやすいバッグがいいとか、まつげウィッグをするよりスッピンでいたい、と思うような人にオススメしたい癒し系クルマです。癒し顔のクルマ画像はこちら

4)トヨタ・ポルテ

 さらに、もともと癒しの要素はたっぷりあったのですが、ツートーンカラーの登場などでさらにキュートさがアップしたトヨタ・ポルテ。コンパクトサイズのボディに、助手席側だけがスライドドアになっているユニークなコンパクトカーです。子育て中の乗り降りや大きな荷物の積み込みが便利になるだけでなく、出かけた先での休憩タイムがゆったりできそう、などとアイディアが広がるところも、ちょっと心をウキウキさせてくれますよね。癒し顔のクルマ画像はこちら

 ちなみに、冷え性の女性でもじんわりと身体を温めてくれる「快適温熱シート」があったり、お肌や髪にもいいと言われている「ナノイー」が出るスイッチがあったりと、心身ともに癒し系の装備も充実しているのがポルテです。癒し顔のクルマ画像はこちら

5)シトロエンC3

 さて、最後はなかなか希少な存在である輸入車の癒し系といえば、シトロエンC3。一見するとなんだか宇宙人のような、未来的な印象を受けるデザインなんですが、コロンとしたボディスタイルといい、パステル系のカラーといい、全体的にはかなりホッコリとさせてくれます。癒し顔のクルマ画像はこちら

 ボディサイドに大胆にあしらわれた樹脂パーツが、ちょっと懐かしい感覚も呼び覚まし、ファッションブランドとコラボした特別仕様車も好評。幅広い年代の男女問わず人気なんだそうです。癒し顔のクルマ画像はこちら

 運転したフィーリングにも、軽快な中にしっとりとした乗り味があるなど、シトロエンワールドを体感できるコンパクトカー。一度ハマったら抜け出せない、とまで言われるシトロエンですが、こんな癒し系ならあえてハマってみたい気もしますよね。癒し顔のクルマ画像はこちら

 というわけで、どんなに仕事で疲れてても家事・育児に追われてても、愛車を見ると「はぁ~」と肩の力が抜けてひと息つけるような癒し系グルマがあったら、人生変わるかもしれませんね。頑張りすぎてる皆さん、まずは愛車の顔から変えてみませんか?

名前:
まるも亜希子
肩書き:
カーライフ・ジャーナリスト/2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員
現在の愛車:
スバル・レヴォーグ
趣味:
サプライズ、読書、ホームパーティ、神社仏閣めぐり
好きな有名人:
松田聖子、原田マハ、チョコレートプラネット
noteで書く

画像ギャラリー


新着情報