なぜ隠れて取り締まる? 警察官が事前に交通違反を抑止しないワケ (2/2ページ)

noteで書く

標識が見えないようなケースは警察官に主張も必要!

 逆に走り慣れていない場所で、一時停止や右折禁止の看板や標識が見えないような状況下で違反をしてしまった場合は、その旨を警察官に主張し、回答をもらうようにしたい。実際、兵庫県では道路標識が見えづらかったため、交通違反取り消す判決が下されている。

 一般化されすぎてしまって忘れてしまっているかもしれないが、運転免許というものは本来運転することを禁じられている自動車を特別に運転してもいいですよ、という証である。そのために守ってくださいね、というのが各法令であり、そのルールを守れないのであれば運転をする資格がないのである。

 警察官に違反を指摘されてイライラする気持ちもわからなくはないが、それを警察のせいにしたり、ノルマのために、と喚き散らしたりはせずに、しっかり反省し、安全運転を心がけるのが正しいドライバーの姿勢ではないだろうか。

【関連記事】「パトカーの待ち伏せ時の駐禁は? 速度違反は?」など緊急車両の交通ルールとは

違反画像はこちら

noteで書く

画像ギャラリー


新着情報