もはや誰も敵わない? タントを試乗したレーシングドライバーがN-BOXを最強と推すワケ (2/2ページ)

一般道で走り出した瞬間はN-BOXを超えたかと思ったが……

 次はターボエンジンを搭載するカスタムに乗り換える。ターボカスタムは室内の装飾や装備が一段と豪華になりN-BOXのターボカスタムを相当意識したことがわかる。

ダイハツ・タントとホンダN-BOXの比較

  

 外観の仕上げやインテリア装備、ブラック基調の内装色調などは極めて好印象。だがN-BOXに追いついていない部分もある。たとえば後席中央に肘掛けが設定されていない。携帯の置き場所や充電用USBジャックが便利な位置にないなど。

ダイハツ・タントとホンダN-BOXの比較

 走りはどうだろう。ターボチャージャーは極小サイズでレスポンス重視。走り始めるとすぐに過給圧が加わり十分なトルクが引き出された。ガッチリしたシャシーと優れたトルクピックアップで、走りはN-BOXを越えたか! と一瞬思った。しかし車速を上げていくとターボ過給圧が高回転域で十分でなく、高速道路の速度域だともの足りなくなってきた。

ダイハツ・タントとホンダN-BOXの比較

 今回、新開発のすぐれたCVTトランスミッションを採用。ギヤとVベルトを組み合わせたハイブリッド構造は理論的に優れていて期待したが、制御のキャリブレーションが十分でなく、威力を完全に発揮できていないようだ。ターボでありながら回転を先行して高めていってしまい、結果過給が追いつかなくなってしまっている。もっと低速トルクを有効に使うべきだったろう。

ダイハツ・タントとホンダN-BOXの比較

 結果として新型タントはホンダN-BOXの高い完成度には追いついていないと審判した。N-BOXはホンダがシビックやフィットが売れなくなってしまうのも覚悟の上で作り上げた思い切りの良さがある。じつをいうと走りの面では現行モデルより先代の最後期モデルがもっとも素晴らしかったのだが、今後の進化でさらに磨き上げられる可能性を秘めている。

ダイハツ・タントとホンダN-BOXの比較

 スズキのスペーシアもスーパートールとしては人気が高いが、走りでも完成度でもN-BOXには敵うまい。

 ジャンルをトールボディにまで拡げれば、スズキ・ハスラー、三菱ekワゴン/日産デイズなども選択肢に入ってくるだろうが、走りも実用性も快適性でもN-BOXに肩を並べられる軽はまだない。ボクのなかではN-BOXターボ/ターボカスタムの一択ということだ。

ダイハツ・タントとホンダN-BOXの比較

画像ギャラリー