レーシングドライバーの心に響いた! エンジンだけで乗る価値のあるクルマ3選 (1/2ページ)

レーシングドライバーの心に響いた! エンジンだけで乗る価値のあるクルマ3選

レースで伝説を残したモデルの心臓を受け継ぐ市販車

1)日産スカイラインGT-R(PGC10)

 ファミリカーといえどもレーシングカーに搭載されるような強力なエンジンを搭載したモデルがかつては多く存在した。その走りになったと言えるのは1969年に登場した初代日産スカイラインGT-R(PGC10)通称「ハコスカ」と呼ばれるモデルだったろう。

優れたエンジンを搭載したクルマ

 車体外観はファミリーセダンであるスカイラインのままで心臓部には純レーシングマシンである日産R380が搭載していたGR8型2リッター直6DOHCエンジンをデチューンしS20型と改名して搭載していた。

優れたエンジンを搭載したクルマ

 とはいえミクニ製ソレックスのキャブレターを3連装し7000回転で160馬力を発揮するそのエンジンは走り屋垂涎の的となった。大人しいセダンが強力なパフォーマンスを秘めていたことから「羊の皮を被った狼」と形容されたのだ。このS20型を搭載したスカイラインGT-Rもレースで大活躍を示し通算50勝を記録するなど、今では伝説となっている。半世紀経った今では入手困難で奇跡的なコンデションの固体に巡り会えたとしても天文学的な値段となってしまうだろう。

優れたエンジンを搭載したクルマ

画像ギャラリー