現代風に復活してもいいはず! 秀逸だったが姿を消したクルマの懐かし装備8選 (1/2ページ)

現代風に復活してもいいはず! 秀逸だったが姿を消したクルマの懐かし装備8選

過去クルマ好きが愛でた装備の多くが姿を消した

 クルマが進化するというのは基本的にはいいこと。しかし、なかには使い勝手などがよかったのに、消えてしまった装備もある。いま残っていれば意外によかったのに、という絶滅装備を挙げてみた。

1)三角窓

 ドア部分、ガラスの角のところに付いていたのが三角窓。開かないものはまだ見かけるが、その昔は開いたのだ。開くと言っても少しだけではなく、ガバっと反対になるまで開けると風が入ってきてかなり涼しく、猛暑でエアコン必須の現在でも乗った瞬間の換気にはもってこいだろう。英語でベンチレーションウインドウというだけのことはあった。ただし、防犯的にはハンディがあった。姿を消したクルマの装備

2)オーバーヘッドコンソール

 これは天井部分にスイッチを集約したもので、場所的にはいまのクルマのルームランプがあるあたりにずらりとスイッチが並んでいた。操作性も意外によく、なんといっても飛行機の操縦席気分が味わえ、気分もよかった。いまでも十分ありだと思う。

3)エアダクト

 軽トラだとフロントの部分に、スバル・インプレッサにも競技用のルーフにフタ状のダクトが付いていたし、さらに古くはハコスカなどにも通称パタパタと呼ばれる吸気口が付いていて、開けるとけっこうな風が入ってきた。いまの外気導入以上に風が入るので、瞬間的に換気ができるのはよかった。姿を消したクルマの装備

4)リトラクタブルヘッドライト

 消えた理由はさまざま語られているが、某スポーツカーの神様的開発者によると、前方視界が遮られ、欧州の規制に引っかかってしまうからだという。とはいえ、スーパーカー世代には涙ものの装備だけに、LEDを仕込んだりして細目になってもいいから、あの雰囲気を現代に蘇らせてほしいものだ。姿を消したクルマの装備

画像ギャラリー