はみ出ていなければOK……じゃない! 間違っている人だらけのクルマの停止線での正しい停まり方とは (1/2ページ)

はみ出ていなければOK……じゃない! 間違っている人だらけのクルマの停止線での正しい停まり方とは

停止線に合わせてアバウトに止まるのではダメ!

 警察庁交通局が2019年2月14日に発表した、「平成30年中の道路交通法違反取締り状況」によると、違反種別では「一時不停止」がワースト1位で、129万3673件(全体の21.6%)。例年1位の最高速度違反は、平成29年よりも16.3%も減って、2位になっている。

 というわけで、運が悪かった人、いや違反を犯してしまった人がもっとも多かった「一時不停止」については、「止まった」「いや止まっていない」と揉めることが多いことでも知られている。

 単純に「止まった・止まらない」に関しては、ドライブレコーダーでもあれば、白黒はっきり決着がつくはずだが、もっと厄介なのは停車位置。

【関連記事】世間一般の認識は間違っている……よくあるクルマの誤解3選

停止線画像はこちら

 一時停止の標識があるところには、停止線が引いてあり、ドライバーはその停止線に合わせてクルマを停止させている。ただ、その停止線にクルマのどこを合わせているかが問題なのだ。

画像ギャラリー


新着情報