国道1号から507号まであるのに459路線!「欠番」がある理由とは?

noteで書く
国道1号から507号まであるのに459路線!「欠番」がある理由とは?

統合で消えたモノもあるが59〜100号はそもそも存在しなかった!

 われわれが日常的に使用している国道。関東圏のユーザーであれば、国道1号や4号、17号などが良く知られるところだろうか。この国道は現在1号から507号まで存在しており、基本的に国道の追加指定ごと、北に位置するものから順番に番号が付けられている。

 となると、国道は507路線あると思われるかもしれないが、じつは多くの欠番も存在しており、その数は48路線にも上るのである。欠番となっているのは59号から100号と、109号~111号、214号~216号となっている。

 それぞれの欠番の理由だが、59号から100号に関しては、かつて一級国道に1桁と2桁を、二級国道に3桁を割り当てた名残であり、昭和39年の道路法改正後からは一般国道の追加指定には3桁の番号が割り振られるようになったから、という理由も関係している。

【関連記事】【違反注意】非常停止帯に停めていい状況とは?

国道画像はこちら

 そのため、以降に追加された国道は101号からとなったということであり、59号から100号に関しては廃止や統合などがあったわけではなく、当初から存在しない国道だったということになる。なお、これら一級国道と二級国道の分類に関しても前述の昭和39年の道路法改正時点で廃止され、すべて一般国道という扱いとなっている。

 また、109号は108号に統合、110号は48号に変更、111号は45号、214号、215号、216号は統合され57号に変更されたことで欠番となっている。今後、国道が新設されるとすれば、508号になることになると思われるが、すでに日本国内には充分な道路網が張り巡らされており、新たに国道が追加される可能性はかなり低いと言われているようだ。国道画像はこちら

 なお、現在の国道の総延長距離は65843.9kmとなっており、高速自動車国道の9341.1kmの7倍以上となっている。さすがにすべての道路を走破することは難しいかもしれないが、459路線を制覇してみるというのも面白いかもしれない。

画像ギャラリー


新着情報