走行中のクルマのタイヤが「逆回転」しているように見えるのはなぜ? (1/2ページ)

走行中のクルマのタイヤが「逆回転」しているように見えるのはなぜ?

我々の目は1秒間を200コマにカットしてモノを見ている!

「走行中のクルマのタイヤが逆回転しているように見えることがあるんだけど」といったとき、「そんなの錯覚だよ、錯覚」と答えたら怒るだろうか? でもこれは、いわゆる「気のせい」という意味の錯覚ではなく、生理学的な錯覚現象によるもの。

 我々人間は、速い動きをしているモノを見るとき、眼球を素早く動かし、その速い動きを追おうとする。これを「サッケード運動」といい、サッケードの最中は視覚信号処理を中断させることで、眼が動いても視覚のイメージがぶれることはなく安定させるメカニズムになっている。

【関連記事】【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

走行中のクルマのタイヤが逆回転しているように見える画像はこちら

 つまり、我々の目の球も、映画のフィルムやアニメ、パラパラ漫画のように、1秒間を200コマぐらいにカットして、連続ではなく途切れ途切れにモノを見ているということ。

 そのため、ある程度の速さまでは、正しく動きを読み取ることができるが、スポークタイプのホイールや飛行機のプロペラ、扇風機の羽根などが、ある一定の速度を越えて回転すると、その回転する速さを目が追えなくなってズレが生じ、その結果、回転体が止まって見えたり、逆転しているように見えるという。

名前:
藤田竜太
肩書き:
モータリングライター
現在の愛車:
日産スカイラインGT-R(R32)/ユーノス・ロードスター(NA6)
趣味:
-
好きな有名人:
-

画像ギャラリー


新着情報