「軽は安い」は本当? 同じ車両価格の軽自動車とコンパクトカーの維持費の差とは (1/2ページ)

「軽は安い」は本当? 同じ車両価格の軽自動車とコンパクトカーの維持費の差とは

軽とコンパクトカーの維持費でもっとも差が広がるのは自動車税!

 最近のクルマは安全装備が充実して環境性能も向上した。好ましい傾向だが、クルマの価格も全般的に高まっている。2019年10月1日から消費税率が10%になり、ますます高額になった。

 その一方で、平均所得は1990年代の後半をピークに下降しており、直近では少し上向いたものの20年前の水準には戻っていない。

 そうなれば新車に乗り替える時、必然的に小さなクルマを選ぶ。以前に比べて小さな車種の商品力が高まり、乗り替えやすくなったこともあるが、ユーザーの置かれた状況はそれ以上に切実だ。

 小さなクルマを買う場合、カテゴリーとしては、軽自動車とコンパクトカーが選択の対象になる。そこでこの2つのカテゴリーの維持費を比べてみたい。軽自動車は維持費が安いといわれるが、具体的にどの程度の差が付くのだろうか。購入後の3年間で比べる。

 サンプルとして、軽自動車はN-BOX G・EXホンダセンシング(164万2300円)、コンパクトカーはマツダ2・15Sプロアクティブ(169万4000円)を選んだ。両車ともに価格はほぼ等しい。維持費

 両車の差額が最も広がる出費は、自動車税と軽自動車税だ。N-BOXの軽自動車税は3年間で3万2400円だが、小型/普通車のマツダ2は、自動車税が1001〜1500ccの区分で3年間なら9万1500円だ。N-BOXは5万9100円安い。維持費

画像ギャラリー