ホンダの新型軽N-WGNが王者N-BOXを追い落とす可能性!「身内」を上まわる衝撃の実力と売れ行き (1/2ページ)

ホンダの新型軽N-WGNが王者N-BOXを追い落とす可能性!「身内」を上まわる衝撃の実力と売れ行き

N-WGNの人気はデイズやN-BOXをも追い上げていく!

 ホンダのスーパーハイト系軽自動車のN-BOXの人気はハンパじゃない。今、日本でもっとも売れているクルマであり、販売ランキング1位を更新中。2019年8月の軽乗用車のランキングでも、1万8282台と、2位の新車効果のあるダイハツ・タントの1万6838台を大きくリード。

 しかし、同3位の日産デイズやN-BOXを追い上げているのが、ホンダの新型軽のN-WGNだ。デビューしたばかりの8月の販売台数は、いきなりランキング6位の6958台。それだけ見ると、N-BOXや同ジャンルのデイズの1万3432台に差をつけられている感じだが、前年比では驚愕の2635.6%!(前年同月が264台だったこともあるが)の販売台数なのである。発売直後ゆえ、納期に時間がかかるのも約7000台の理由かも知れず、今後、デイズはもちろん、N-BOXを追い上げる勢いなのは間違いなさそうである。

 そんな新型N-WGNは、第二世代Nシリーズ、つまり現行N-BOXをベースに、ハイト系ワゴンに仕立てた、ホンダ渾身の1台。N-WGN

 プラットフォーム、NAとターボを用意するエンジン、CVTは基本的にN-BOX譲りだが、ジェイドRSやヴェゼルRSに採用されていたCVTのブレーキングによって減速制御を行うステップダウンシフト、リニアな加速感をもたらすGデザインシフト、新制御ロジックを取り入れたパワーステアリング、より安定方向に振ったアジャイルハンドリングアシスト、走行フリクションを低減するサイドフォースキャンセリングスプリング採用のフロントサスペンション、チルト機構に加え採用されたホンダ軽初のテレスコピックステアリング、ブレーキのコントロール性を高めるリンク式ペダルなど、軽自動車としてあり得ないような贅沢な技術をフル搭載しているのである。

 さらに言えば、スペックだけでなく、走ってもすごいのが新型N-WGN。NAモデルでも十二分に実用的で、平たん路ならストレスフリーの動力性能を発揮してくれるし、ターボともなれば、フル乗車、登坂、高速走行もラクラクの実力さえ備えているのだ。N-WGN

 しかも、最新のホンダセンシングの充実ぶりも見事で、全グレードに標準装備! 夜間の歩行者の検知性能を高め、移動自転車にも対応する先進の自動ブレーキを搭載するとともに、ACC(アダプティブクルーズコントロール)は、軽自動車初採用となったN-BOXでは約30~115km/hの作動で渋滞追従もしなかったものが、N-WGNでは何とホンダの上級車を上まわる0~135km/hの作動かつ渋滞追従型が奢られているのである。N-WGN

 その作動もなかなかで、ACCによる減速からの再加速レスポンスは、NA、ターボともに、なんと、ACCの再加速がもっさりしすぎている!? ステップワゴンよりいいぐらいなのである。

 とくにターボモデルで高速走行の機会の多いユーザーにとって、N-BOXをしのぐ商品力、先進運転支援機能を身につけたことは間違いなしである。ちなみに同ジャンルのデイズの場合、ACC+レーンキープに相当するプロパイロットはハイウェイスターのみにプロパイロットエディションとして設定。つまり、標準車では選びたくても選べない。同じくハイト系ワゴンのスズキ・ワゴンR、ダイハツ・ムーブに至っては、そもそもACCの用意がないのである。

画像ギャラリー