乗用車でバカ売れしているのになぜ? 国産メーカーがハイブリッドの教習専用車を作らないワケ (1/2ページ)

乗用車でバカ売れしているのになぜ? 国産メーカーがハイブリッドの教習専用車を作らないワケ

もはやハイブリッド車は日常に溶け込んでいる

 1997年に初代プリウスが登場して早20年以上。もはやハイブリッド車は特別なものではなく、すっかり日常に溶け込んでいる。車種も軽自動車からミニバン、SUV、スポーツカーに至るまで多くの車種に採用されているのはご存じのとおりだ。

 その一方で、これからクルマを運転する人のために作られた教習車にはハイブリッド仕様が用意されていない。先日発表されて話題となったマツダ教習車はベースにハイブリッド車がないという大きな理由があるが、カローラアクシオがベースとなったトヨタ教習車も、ホンダのグレイス教習車も、ベース車にはハイブリッド車が用意されているものの、教習車は1.5リッターのガソリンエンジンのみとなっている。

【関連記事】あれ? 思ったほど伸びない……ハイブリッドなのに驚くほど燃費が良くない国産車6選

ハイブリッド 教習車画像はこちら

 すでに多くの台数が走り回っているほぼタクシー専用車であるJPNタクシーですらハイブリッド専用車となっているにもかかわらず、なぜ教習車はハイブリッド車が用意されないのだろうか?

ハイブリッド 教習車画像はこちら

NO IMAGE
名前:
小鮒康一
肩書き:
-
現在の愛車:
日産リーフ(2代目)/ユーノス ロードスター/マツダ・ロードスター(2代目) /ホンダS660/ホンダ・オデッセイ(初代)/ 日産パルサー(初代)
趣味:
長距離ドライブ
好きな有名人:
ザ・リーサルウェポンズ

画像ギャラリー


新着情報