日本市場の道にもジャストサイズなセダン! ボルボS60がフルモデルチェンジして登場

日本市場の道にもジャストサイズなセダン! ボルボS60がフルモデルチェンジして登場

ポールスターが手掛けた高性能仕様も限定モデルとして登場

 ボルボ・カー・ジャパンは、プレミアムミッドサイズセダン「S60」をフルモデルチェンジした。489万円〜779万円(税込み)。

 8年ぶりのフルモデルチェンジとなる3代目は、先に登場したステーションワゴンモデルのV60と同様にスタイリッシュなフロントマスクを与えられたモデルとなっている。ボディサイズも全幅を1850mm(先代比マイナス15mm)としたことで、日本の道にもジャストサイズを実現した。

 エクステリアデザインは、北欧神話に登場するトール神がもつハンマーをモチーフにした、T字型のLEDヘッドライトを採用。テールランプは特徴的なC字型の向かい合ったLEDテールライトとし、個性的な外観を演出している。ボディサイズは全長を125mm拡大しつつ、前項を45mm下げている。これにより伸びやかなスタイリングを実現した。ボルボS60

 インテリアは、スウェーデンのクルマらしいスカンジナビアンデザインを採用。上級モデルの90シリーズと同等の機能をもつフロントシートは、マッサージ機能やベンチレーション機能をインスクリプショングレードに標準化させるなど、快適性も持ち合わせている。

 また、ボルボのセダンモデルには初めて採用したチルトアップ機能付き電動パノラマガラスサンルーフ(オプション設定)は、通常は濃色ガラスで眩しさをカットし、開ければ開放感たっぷりなドライブを楽しむことが可能だ。ボルボS60

 搭載されるパワートレインは、出力の異なる2リッター4気筒ターボガソリンエンジンと、2リッター4気筒ターボガソリンエンジンにスーパーチャージャーと電気モーターをプラスしたプラグインハイブリッドの3タイプを設定。全モデルが8速ATを組み合わせ、プラグインハイブリッドは4WDを採用している(ガソリンモデルはFF)。

 もちろん、最新の先進安全装備も抜かりはない。乗員のみならず車外の人まで守るインテリセーフを全車に標準装備。なかでもシティセーフティ(衝突回避・軽減フルオートブレーキシステム)は新型V60より導入した対向車対応機能を搭載している。そのほかにも対向車線衝突回避支援機能や右折時対向車検知機能もプラスし、あらゆる衝突事故を軽減するための装備が満載だ。

 また、今回の新型S60登場と合わせて、特別限定車「S60 T8ポールスター・エンジニアード」が設定された。S60をベースに、スポーツモデルを担当するポールスターが手を加えたハイパフォーマンスコンプリートカーとなる。ボルボS60

 T8 Twin Engine AWDのパワートレインをベースに、参考出力420馬力を誇る性能を発揮。0-100km/h加速は4.3秒と、スポーツカー並みのパフォーマンスを披露する。

 足まわりにはオーリンズ製DFVショックアブソーバー(減衰力22段調整)と、ブレンボ社と共同開発したフロントブレーキも装着して高性能エンジンの走りを支えている。ボルボS60

 エクステリアデザインは、専用のアルミホイールや前後エンブレムでベースモデルと差別化。インテリはスポーツ走行にも適したオープングリッドテキスタイル/ナッパレザーのコンビネーションスポーツシート、ゴールドカラーのシートベルトでスポーティさを際立たせている。車両価格は919万円(税込み)。ボルボS60

【ボルボS60 メーカー希望小売価格】
S60 T4 Momentum 489万円
S60 T5 Inscription 614万円
S60 T6 Twin Engine AWD Inscription 779万円
S60 T8 Polestar Engineered 919万円

画像ギャラリー