営業成績は上がり農作物のデキもよくなる!? 単なる道具じゃない快適性抜群の商用車5選 (2/2ページ)

見た目はトラックだが乗れば乗用車と変わらないモデルも!

3)ホンダN-VAN

 N-BOXを商用車にした成り立ちとなるN-VANは、助手席とリヤシートは非常に簡素な作りのため運転席限定となるが、N-BOXに近い乗り味や装備を持つこともあり、乗用車に近い快適性を備える。

車内が快適な商用車

 さらにCVTであれば軽商用車ながら先行車追従型のアダプティブクルーズコントロール(停止までは対応しないので渋滞中はあまり使えない)が標準装備されるので、長距離でも少ない疲労で快適に移動できる。

車内が快適な商用車

4)スズキ・スーパーキャリイ&ダイハツ・ハイゼットジャンボ

 文字通り下駄代わりのように気軽に使えて、荷台に荷物をガシガシと積める軽トラックは安価な上に維持費も安く、非常に便利な乗り物だ。しかし「ちょっと遠くまで行く」といった場合にはシートがリクライニングできない、人が2人乗ると車内には荷物がほとんど置けないという弱点もある。

 そんな困った点を解決してくれるのがスーパーキャリイとハイゼットジャンボという、キャビン後方にポルシェケイマンなどに代表されるミッドシップのスポーツカーと同じようなスペースを持つ軽トラックだ。

車内が快適な商用車

 スーパーキャリイとハイゼットジャンボのキャビン後方のスペースは荷台に置けない商売道具などを置ける空間があり、買い物などにも便利ほか、シートもリクライニング可能になるので運転も劇的に快適になる。それでいて荷台はキャビン後方の下部がえぐられているので高さのあるものは無理だが、高さのないものであれば通常の軽トラックと同様に積めるというのは非常に有難い。

車内が快適な商用車

5)トヨタ・ハイラックス

 タイ製のピックアップトラックとして2017年から日本で販売されているハイラックスは、海外では乗用車代わりに使われることも多い。そのため、トラックというイメージで乗ると驚くほど乗用車と変わらない装備を備え、リヤシートもまずまずのスペースを備える。

車内が快適な商用車

 運転しても乗り心地の悪さ以外はうるさいこともなく、それなりに快適だ。さらに最新モデルの上級グレードであれば停止までは対応しないもののアダプティブクルーズコントロールを備える。サスペンションに手を加えるなどして乗り心地の悪ささえ改善すれば、ディーゼルの耳に心地いいエンジン音を聞きながら長距離ドライブも快適に楽しめる。

車内が快適な商用車

画像ギャラリー