ディーラー・量販店・ガソリンスタンド! クルマのエンジンオイル交換はどこで行っても同じか否か (1/2ページ)

ディーラー・量販店・ガソリンスタンド! クルマのエンジンオイル交換はどこで行っても同じか否か

費用や作業工程が大きく異なる!

 最近の新車は、メーカー指定のオイル交換サイクルが、1万km~1.5万kmと昔に比べかなりロングになってきているが、少なくとも1年に1度ぐらいはオイル交換が必要で、身近なメンテナンスであることには変わりがない。そのオイル交換作業だが、ディーラーや、カー用品店、チューニングショップ、ガソリンスタンドなど、いろいろなところで頼めるが、どこで交換しても大差ないのだろうか?

 同じオイルを入れるのなら、どこでやっても同じような気もするが、店によってオイル代も違えば、工賃も違う。さらに工程も違うので検討が必要。

【関連記事】エンジンオイルの交換サイクル! NA車よりターボ車のほうが短いのはなぜ?

オイル交換はどこで行っても同じか?画像はこちら

 ディーラーの場合は、基本的にメーカー純正オイルしか在庫がないし、ガソリンスタンドも系列石油会社のオイルがメイン。両者とも価格はそれほど安くはないが、キャンペーン時は特価でやっているときもあるので、そうしたときはかなりお得。

 一方、カー用品店などはオイルの種類も豊富で、価格帯もワイド。いろいろ選べるのも魅力で、オイル代も定価よりは安く、会員などになると交換工賃がサービスになるケースも多い。

 チューニングショップでは、より高性能なオイルもあり、オイルに関するノウハウも豊富。メカニックのスキルも高いので、作業は一番安心して任せられるし、同時に下まわりを点検もやってもらえる。

画像ギャラリー