新車が登場しても先代モデルも販売! 中国で新旧モデルの併売が成り立つワケ (1/2ページ)

新車が登場しても先代モデルも販売! 中国で新旧モデルの併売が成り立つワケ

中国では新型と先代モデルの併売がよく見られる

 2019年春に開催された上海モーターショーで、東風日産は新型シルフィを発表した。そして、2019年11月末に開催されたロサンゼルスショーで同型モデルが「セントラ」としてデビューしている。新型シルフィは2019年7月に正式発売されており、今回の広州ショーでもブース展示車両の目玉のひとつとして展示されていた。中国で新旧併売が成り立つワケ

 そんな日産ブースで日本市場では現行モデルとなる、先代シルフィが展示されていた。ただ車名には「経典(クラシック)」が新たに加えられた。シルフィは今回「クラシック」となったモデルが中国でデビューしたときも、日本で「ブルーバードシルフィ」として販売された最後のモデルが「シルフィ クラシック」としてラインアップされていた。そして、いまも広州市内ではたまにタクシーとして走っているのを見かけることがある。

 日本では2019年9月に新型トヨタ・カローラセダンとツーリングが正式発売となったが、先代となるカローラ アクシオとフィールダーも車名に「EX」がついて継続販売されている。日本では「新旧併売」は珍しいが、中国市場ではかつては当たり前のように行われていた。今回のショー会場では、中国の東風風神ブランドでもSUVのAX7という車種の「経典」モデルが展示されていた。

 新旧併売については「経典」と車名に追加するケースと、中国では外資ブランド車ではとくに中国語以外の車名のほか(一般的に横文字と呼ばれるもの)に中国語車名(漢字表記)のふたつを名乗る(当て字のケースと意味が近いなどのパターンあり)のが一般的なので、新型車は漢字車名だけ変えるなど、新旧併売にもいくつかパターンがある。過去には一汽豊田のカローラも、10代目の時に9代目を「カローラEX」として併売していた。この時、ともにカローラなのだが、漢字表記では10代目は漢字が当て字となり、9代目は「花冠」となっていた。なお、長安マツダは新型MAZDA3(日本での現行モデルでセダンのみ)をデビューさせているが、先代モデルも「MAZDA3アクセラ」として新旧併売を行っている。中国で新旧併売が成り立つワケ

画像ギャラリー