2019年上期の全世界販売台数トップはVWグループ! トヨタや日産でも勝てない強さの秘密とは (1/2ページ)

2019年上期の全世界販売台数トップはVWグループ! トヨタや日産でも勝てない強さの秘密とは

VWグループの強さの秘密はブランド数の多さ!

 世界市場で、2019年上期にもっとも多くのクルマを売ったのは独フォルクスワーゲングループ(VW)グループだった。その数、536万5300台。次いで、トヨタグループが531万1806万台で、僅差で日産グループが追う展開だ。近年、こうした販売台数争いではVW vs トヨタの図式となっているが、VWはじつに粘り強い。

 では、その粘り強さの秘密は何か? 大きく2つあると思う。

 ひとつは、ブランド数の多さだ。VWグループの中核はもちろん、フォルクスワーゲン。そこから横展開しているのが、チェコをベースとするシュコダと、スペインをベースとするセアトだ。日本では馴染みがないブランドだが、欧州内では「庶民のクルマ」としてすっかり定着している。プラットフォーム(車体)やパワートレインをフォルクスワーゲンと共有化したうえで、フォルクスワーゲンとは違ったテイストのエクステリア・インテリアデザインを施す。

VWが世界で強いワケ

 以前は、フォルクスワーゲンと比べて走りの質感があきらかに低い印象があった。製造コスト削減がはっきりと分かったということだ。だが最近のシュコダとセアトは、フォルクスワーゲン同等の走りの品質になってきた。また、ラリーやレースにもワークス参戦しており、スポーティイメージもつき始めている。

VWが世界で強いワケ

 そして、お馴染みのアウディ。最近、日本市場ではボルボなどに少々押され気味だが、世界市場で見るとやはりトップクラスのプレミアムブランドとして確実な需要がある。こうしたフォルクスワーゲン、シュコダ、セアト、アウディを乗用車の軸足とした上で、ポルシェ、ランボルギーニ、ベントレーというスーパープレミアムブランドを展開する。トヨタや日産に比べて、明らかにブランド数が多くモデルバリエーションが豊富。これがVWグループの強さの秘密、その1だ。

VWが世界で強いワケ

画像ギャラリー