2019年上期の全世界販売台数トップはVWグループ! トヨタや日産でも勝てない強さの秘密とは (2/2ページ)

世界各地で強い販売力を持っている

 もうひとつの秘密が、どの仕向け地でも販売力があるということだ。仕向け地とは、自動車業界用語で、販売する国を指す。VWグループの主戦場はもちろん欧州。次いで、中国で強い。70年代~80年代、トヨタなど日系メーカー各社が中国のカントリーリスクを懸念して本格的な中国投資に踏み切れなかった段階で、VWグループは中国政府関係者とのパイプを強めて一気に投資を行った。そうした先行投資が、2000年代以降の中国市場の急激拡大によってVWグループに多大なる利益をもたらした。

VWが世界で強いワケ

 ただし、VWグループにも弱さはある。アメリカ市場では近年、日系メーカーや韓国メーカーの牙城を崩せていない。東南アジアでも同じだ。そうした中でVWグループが躍起になっているのが、EVシフトだ。トヨタ、日産、そしてホンダよりも明らかにEVシフトへのスピード感が早い。EVシフトへの先行投資もすでに6兆円を超えている。これが吉と出るか凶と出るか?

 VW vs トヨタの競争、さまざまな視点で今後も続きそうだ。

画像ギャラリー