軽クロスオーバー「TAFTコンセプト」を披露! ダイハツが東京オートサロン2020の出展概要を発表

軽クロスオーバー「TAFTコンセプト」を披露! ダイハツが東京オートサロン2020の出展概要を発表

本物のエンジンが組み立てられるコンテンツも用意!

 ダイハツは、2020年1月10日(金)〜12日(日)の3日間、千葉県・幕張メッセで開催される東京オートサロン2020に出展すると発表した。新たな軽クロスオーバーのコンセプトモデル「TAFTコンセプト」をはじめとした魅力あるカスタマイズモデルが展示される。

 ブーステーマは昨年と同様に「遊びゴコロをみんなのものに。」としている。今回展示される注目のTAFTコンセプトは、Tough & Almighty Fun Toolをコンセプトとしており、日常からアウトドアシーンまでアクティブに使える新感覚の軽クロスオーバーモデル。開放感たっぷりのガラスルーフや、フラットで使い勝手のよい荷室空間などが魅力となっている。ダイハツの東京オートサロン出展概要

 このTAFTコンセプトを題材とし、漫画家の田中むねよし氏を迎えて来場者とコミュニケーションしながらその場でイラストを描く「ライブ・ドローイングショー」を実施する。また、ダイハツの社名の由来でもある「発」動機にちなんで、エンジン組み立てチャレンジと題したコンテンツも用意。ダイハツのエンジニアがサポートしながら、本物のエンジンパーツを用いて組み立て体験ができるというものだ。

 このほかにも、話題のロッキーやコペンGR SPORT、タントをベースにしたコンセプトカーなども多数出展される。ダイハツの東京オートサロン出展概要

画像ギャラリー