群雄割拠のスーパーハイト軽! 新型ダイハツ・タントの王者ホンダN-BOX超えの可能性は? (1/2ページ)

群雄割拠のスーパーハイト軽! 新型ダイハツ・タントの王者ホンダN-BOX超えの可能性は?

N-BOXは2年が経ったいまでも月2万台以上を販売!

 軽自動車がガマンや妥協の対象だったのははるか昔の話であり、いまではむしろファーストカーとして積極的に選択したくなる対象となっている。事実、一部の軽自動車では車両価格が200万円を超えるものもあり、フルオプションにすると総額で300万円近くになるモデルも存在するほどで、軽自動車を買うというよりは、欲しいクルマがたまたま軽自動車だった、という状況になってきている。

 そんな軽自動車人気を支えるのが、いわゆるスーパーハイトワゴンと呼ばれる背の高いタイプの軽自動車だ。そもそも軽自動車は排気量(660cc以下)だけでなく、全長や全幅、全高といったボディサイズも決められているため、絶対にこの枠を出ることはできない。すでに排気量や全長、全幅は目いっぱいのサイズになって久しいため、縦方向に室内空間を拡大したところ瞬く間に人気になったというわけだ。

ダイハツ・タント

 そんなスーパーハイトワゴンの軽自動車で、現在他を寄せ付けない人気を誇っているのがホンダのN-BOXだ。2017年9月に2代目となったN-BOXは、すでにデビューから2年ほどが経過しているにもかかわらず、未だに月平均2万台以上を販売する大人気車種だ。

 N-BOXのライバルとして遅れて登場したスズキ・スペーシア(2代目)も、登場直後のブーストをもってしてもN-BOXの牙城を崩すまでには至らず、2019年7月度までの販売台数でも約5万台の差を付けられた2位に甘んじてしまっている。

ダイハツ・タント

 では先日登場したばかりの新型タントはどうだろうか?

画像ギャラリー