メルセデスAMG GT GT3を日本初公開! エコと走りのメルセデス・ベンツブース【東京オートサロン2020】

メルセデスAMG GT GT3を日本初公開! エコと走りのメルセデス・ベンツブース【東京オートサロン2020】

特別ラッピングの新型Vクラスに来場者は興味津々

 東京オリンピックも開催される2020年の1月10日に開幕した東京オートサロン。メルセデス・ベンツブースは、エコと走りの両面が強調された展示がなされた。

 メインのステージ上に展示されているのはスーパーGT、GT300クラスに参戦しているGOODSMILE RACING & TeamUKYOの2020年仕様のマシン。新型のMercedes-AMG GT3は日本初お披露目となる。監督の片山右京さん、ドライバーの谷口信輝さん、片岡龍也さんは2019年と同様の布陣。チームランキング3位、ドライバーランキング4位という昨年の成績を上まわりチャンピオンを狙う。ドライバーのトークショーも行われるので、ファンは現地へ向かってほしい。

東京オートサロン2020のメルセデス・ベンツブース

 その他ずらり並ぶ市販モデルのなかでの注目は東京モーターショーで実車が公開された新型Vクラス。マイナーチェンジから間もないこともあり、多くの来場者の注目を集めていたが、エクステリアはオートサロン向けに特別ラッピングが施されている。大胆なツートンはカスタマイズの参考になりそうだ。

東京オートサロン2020のメルセデス・ベンツブース

 メルセデスAMGからは、A 35 4MATIC Edition 1、CLA 45 S 4MATIC+、A 45 S 4MATIC+ Edition 1という3台の小型モデルが出展。とくにA 45とCLA 45は、2リッターターボでなんと421馬力/500N・mを発生する強烈なエンジンを積む注目のクルマだ。さらにEdition 1は台数限定ゆえ、実車を見られる貴重な機会といえそうだ。

東京オートサロン2020のメルセデス・ベンツブース

 メルセデスはエコロジカルな電動化モデルをEQというブランド名で展開しているが、こちらも注目が高かった。EQCはフルバッテリーEV、そしてE 350 de AVANTGARDE Sportsはディーゼルプラグインハイブリッドだ。ディーゼルハイブリッドはレアなパワーユニットで、とくに軽油が安い日本においては注目の1台といえるだろう。

東京オートサロン2020のメルセデス・ベンツブース

 そのほか、ルーフキャリアを積んだC220d、GLC 300 4MATIC Coupeも展示。非常に現実的で市販モデル中心であったが、メルセデス・ベンツの「いま」がわかるブースといえるだろう。

東京オートサロン2020のメルセデス・ベンツブース

画像ギャラリー