【じつはスマホが登場する前から存在】「QRコード」を発明したのはクルマ関連の会社だった! (1/2ページ)

【じつはスマホが登場する前から存在】「QRコード」を発明したのはクルマ関連の会社だった!

QRコードを開発したのはデンソー!

 スマホ決済に、動画の読み込みなどなど、ありとあらゆるシーンで活用されているのが、QRコードだ。スマホの多機能もQRコードがあってこそ、と言っても過言ではないだろう。そんなQRコードだが、じつはクルマに深く関係した会社が発明したものなのだ。それがデンソー(現在はデンソーウェーブという別の会社)だ。

【関連記事】ニッポンの技術は地味にスゴイ! 意外と知らない「世界初の国産技術」と搭載車5選

「QRコード」を発明したデンソー画像はこちら

 QRコードが発表されたのは1994年のこと。すでにバーコードが実用化されていて、コンビニやスーパーなどでピッと読み取るものは普及していたが、問題はバーコードは英数字のみの20文字程度のデータしか入らないということ。横方向にしかデータが入っていないのが理由で、QRコードは横だけでなく、縦にも情報が入っているのがポイントだ。ちなみにバーコードは1次元コードで、QRコードは2次元コードと呼ばれる。肝心の容量は、サイズによるが、数字だけなら最大で7089文字も入れることができる。

画像ギャラリー


新着情報