プロパイロットがさらに進化! 軽スーパーハイトワゴン「日産ルークス」が3月19日に発売 (1/2ページ)

プロパイロットがさらに進化! 軽スーパーハイトワゴン「日産ルークス」が3月19日に発売

子育てファミリーにピッタリな一台に仕上がった

 日産は2020年2月25日、新型軽自動車「日産ルークス」を発表した。3月19日から全国一斉に発売する。価格は2WDが141万5700円〜193万2700円、4WDが154万9900円〜206万6900円(税込)。

 ルークスは家族のために広い室内、便利で快適な使い勝手、誰もが楽しい移動空間、安全性を考え抜き、日産と三菱自動車工業の合弁会社NMKVのマネジメントのもと、日産が企画、開発を行ったスーパーハイトワゴンの軽自動車だ。今回のモデルチェンジから車名を「デイズルークス」からルークスに変更している。

日産から軽自動車「ルークス」が発売

 星野朝子副社長は「2020年に魅力あふれる『ニッサン インテリジェント モビリティ』を各セグメントに投入していく」と発表した。その第一弾となるのがルークスだ。

 軽自動車として初めてデイズに搭載した運転支援技術「プロパイロット」を更に進化させ、ルークスに採用した。高速道路での長距離運転と渋滞を軽減するのはもちろん、新たにミリ波レーダーを追加採用したことで、より遠くにいる先行車の状況を検知しスムースな制御が可能となった。

日産から軽自動車「ルークス」が発売

 ルークスは乗る人はゆったりと、荷物もたくさん積みこめるよう車室内空間にこだわった。デイズで好評のプラットフォームを採用し、座った際の膝まわりのスペースも十分に確保することで、大人4人がゆったりと過ごせるクラストップレベルの広い室内を実現。後席の室内高は1400mmと、子どもであれば立ったまま着替えられるほど。さらに、荷室は床面の長さを675mmと広く確保したことで、48Lのスーツケースを同時に4個積載できるようにした。

日産から軽自動車「ルークス」が発売

 さらに使い勝手の良さも高めている。後席スライドドアの開口幅650mmを確保したことで、乗降性を向上。スライドドアは「セレナ」で好評の片足を車体の下にかざすだけで、自動で開閉する「ハンズフリーオートスライドドア」を両側に採用した。荷物で両手が塞がっているときや、子どもを抱えていても楽にドアを開閉することができる。後席は最大320mmスライドさせることができるため、前方にスライドすると運転席に座ったまま、後席の子どもにも手が届く工夫を施した。

日産から軽自動車「ルークス」が発売

 また先代モデルに比べて前席シートのヒップポイントを60mm高くしたことにより、広い視界を確保したほか、子どもや高齢者の乗り降りをサポートする助手席側スライドドア部の「オートステップ」をオプションで設定した。

日産から軽自動車「ルークス」が発売

画像ギャラリー