【自然治癒はない!】クルマのメーターの警告灯は一度点灯したら消えても放置はダメ (1/2ページ)

【自然治癒はない!】クルマのメーターの警告灯は一度点灯したら消えても放置はダメ

点灯したらすみやかにディーラーなどに相談するのが基本

 クルマのメーターパネル内には、いくつかのウォーニングランプ=警告灯が備わっている。通常、エンジンスイッチをONにするとすべての警告灯が点灯し、エンジンを始動して、システムに異常がなければ消灯することになっている。

【関連記事】エンジンの暖機完了の合図ではない! 青く光る水温警告灯が消える温度と正しい暖気運転とは

警告灯が一度点いたが気づいたら消えていた場合クルマに問題はないのか画像はこちら

 その警告灯が走行中(エンジンがかかっているとき)に点灯した場合はなるべく走行は控え、すみやかにディーラーなどに相談するのが基本。

 ところが稀に一度ウォーニングランプが点いたのに、しばらくしたら自然に消えてしまうことがある。そうした場合はどうすればいいのか?

画像ギャラリー