年間の世界販売台数で明暗! 日産連合がトヨタグループに抜かれたワケ (1/2ページ)

年間の世界販売台数で明暗! 日産連合がトヨタグループに抜かれたワケ

アライアンスでの比較ではこれまでトヨタが日産より下だった

 トヨタが日産を抜いて、世界販売台数で世界2位になった。2020年1月30日、このニュースをネットやテレビニュースで見て「あれ、これまでトヨタが日産より下だったということ?」と思った方が多いかもしれない。

 もちろん、メーカー単体で見れば、長年に渡りトヨタは日産より販売台数が多かった。今回の話は事業を連携しているアライアンスとしての比較だ。

 改めてご紹介すると、2019年1~12月の世界販売台数で第1位はフォルクスワーゲングループで1097万4600台。次いで、トヨタグループ(ダイハツ、日野自動車等含む)が1074万2122台。1位との差は約23万台と、大手メーカーの販売台数規模としては僅差といって良い状況だ。

 そして、トヨタグループに抜かれて第3位に落ちたのが、日産・ルノー・三菱アライアンスで、約1015万台となった。前年比でみると、VWグループが1.3%増、トヨタグループが1.4%増に対して、日産アライアンスは5.6%減とマイナスに転じている。

2019年世界販売でトヨタが日産連合を超えた理由

 さらに細かく、日産アライアンスの中のメーカー別でみるとプラスは三菱の0.5%増だけで、ルノーが3.4%減、そして日産は8.4%減と大きく落ち込んだ。

 日産の不振の原因は、いったい何かあったのだろうか?

画像ギャラリー