ダイハツ・タフトが予約開始! 現車を触らず「先行予約」で買うことにデメリットはないのか? (1/2ページ)

ダイハツ・タフトが予約開始! 現車を触らず「先行予約」で買うことにデメリットはないのか?

バカ売れしても納車待ちにならずに手に入る

 2020年3月の国産車販売台数のベスト10は、軽自動車を含めると、1位ホンダN-BOX/22078台、2位ダイハツ・タント/17370台、3位トヨタ・カローラ/16327台、4位スズキ・スペーシア/16077台、5位ホンダ・フィット/14845台、6位ダイハツ・ムーブ/14023台、7位トヨタ・ヤリス/13164台、8位トヨタ・ライズ/12009台、9位日産・デイズ/11612台、10位トヨタ・シエンタ/10456台、そして11位にスズキ・ハスラー/10372台と続いている。

 そのなかで、販売台数の伸び率がとくに著しいのがハスラーで、前月比178.6%、前年同月比172.3%と急伸長。スーパーハイト系軽自動車でもなく、ハイトワゴン系軽自動車でもなく、また、話題のコンパクトカーでもないクロスオーバー軽の人気が突出していると言っていいかもしれない。

【関連記事】【万能選手に思って買いたくなるがちょっと待った!】人気のSUVを選んで後悔するケース5選

クルマを先行予約で買うことのメリット・デメリット画像はこちら

 その理由のひとつが、ほかにないカテゴリーであり、同種だったダイハツのキャスト・アクティバはハスラーに敗れ、今では存在しない。そんななか、東京オートサロンでも話題のダイハツのクロスオーバーモデル、タフトが2020年6月の発売(コロナウイルスの状況により変更あり)を前に、軽自動車としては異例の先行発売を開始(基本的に店頭にて)。

 2020年5月31日までに予約し、6月21日までに成約すると、Aコース:カタログギフト、Bコース:ワイヤレスブルートゥーススピーカー、Cコース:電気カフェケトル、Dコース:ハンディコーヒーメーカーのひとつがもれなくもらえるキャンペーンを行っている。ハスラーのようなワゴンとSUVを掛け合わせたような、アウトドアやキャンプ、車中泊にも便利な軽自動車を探していた人にとって、ハスラー以外の選択肢として、先行予約を含め、大いに気になるところだろう。

クルマを先行予約で買うことのメリット・デメリット画像はこちら

 では、先行予約のメリットだが、上記のキャンペーンに乗っかれることだけではない。マスクの先行予約販売と同様、いち早く手に入れることができる。もしバカ売れしても、発売後、納期何か月……というような状況も避けられることになる(その可能性大)。

 もちろん、誰よりも早く乗ることができ、街に、郊外に、山に、海に繰り出せるわけで、新型車で注目を浴びたい、目立つことが好きな人にも、自己満足的な大きなメリットがある。

画像ギャラリー