「燃費」「舗装路」「悪路」性能に「使い勝手」まで兼ね備えた選んで間違いなしのSUV4選 (1/2ページ)

「燃費」「舗装路」「悪路」性能に「使い勝手」まで兼ね備えた選んで間違いなしのSUV4選

電気式4WDシステムやEVとHVの機能を持ち合わせたものも

 今、世界的にブレークし、大人気なのがSUVやクロスオーバーSUV。しかし、SUVは大きく重く、燃費が悪い。悪路走破性に優れてはいるのだろうけど、オンロードでの走行性能に不満がある……という先入観を持っていないだろうか。じつは最新のSUV、クロスオーバーSUVのなかにはオフロード性能の高さはもちろん、燃費やオンロード性能も抜群のクルマがある。

1)トヨタRAV4

 その筆頭が、2019-2020年日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝いたトヨタRAV4だ。そのハイブリッド版の4WD機構は、ガソリンエンジン車のアドベンチャーグレードに採用された新型RAV4のために新開発された世界初の「ダイナミックトルクベクタリングコントロール」ではなく、トヨタHVのお約束ともいえる、前輪駆動状態と4駆駆動状態を自動的に電子制御するおなじみのE-FOUR(電気式4WDシステム)。しかし、最低地上高190mmの余裕もあり、極悪路走行の経験からも、一般的なアウトドア派には十分すぎるオフロード性能の持ち主だ。

燃費もオンロードも兼ね備えたオフロード系SUV

 アドベンチャーグレードに対する優位性もある。まずは小回り性の目安になる最小回転半径が、19インチタイヤを履くアドベンチャーグレードの5.7mに対して、17/18インチタイヤを装着するHVモデルは5.5mに。Uターンや狭い道の右左折はもちろん、幅寄せを含む駐車もよりしやすくなるというわけだ。

 オンロードの走行性能も文句なし。2.5リッターエンジン+2モーターのハイブリッドは、出足やクルージング時のモーター走行による一段と静かでスムースな走行感覚加速性能が魅力。SUVというより高級サルーンに乗っているかのような錯覚を覚えるほど。

燃費もオンロードも兼ね備えたオフロード系SUV

 しかも、HVモデルにはガソリン車にないAC100V/1500Wコンセントがラゲッジルームに用意され、1500Wまでの家電品を車内外で使えるあたりも、アウトドア派にはたまらない魅力・便利さになる。また、災害時の電源供給車としても活躍してくれること間違いなしである。

 そして極めつけが、実燃費。一般道、高速道路(基本ACC走行)、山道の登坂を含む約300キロの走行で、3名乗車、1泊2日の宿泊荷物満載、エアコンONで20.6km/Lを記録したこともあるぐらいなのだ。さすが、トヨタのHVである。燃費もオンロードも兼ね備えたオフロード系SUV

2)三菱アウトランダーPHEV

 世界でもっとも売れているPHEVでもあるアウトランダーPHEVも、全方位に優れたミッドサイズのSUVだ。PHEVとはプラグイン・ハイブリッド・エレクトリック・ビークル(Plug-in Hybrid Electric Vehicle)の略で、EV、つまり三菱自動車の十八番のモータードライブの電気自動車を基本に、外部電源からの充電に対応したEVとHV(ハイブリッド)の両方の機能を持ち合わせる次世代自動車。

燃費もオンロードも兼ね備えたオフロード系SUV

 基本はモーターで静かに滑らかに走る電気自動車であり、大容量バッテリーによってモーターだけで走れるEV走行距離が長い。ピュアEVと違ってエンジンを搭載しているため、外部充電ができるだけでなく、走行中に2.4リッターアトキンソンサイクルのエンジンで電気を発電することも可能。つまり、電欠の心配なし。ガソリンが入っている限り、どこまでもモーターで走ることができるメリットは絶大だ。EV航続距離は最新モデルの場合、65.0km(JC08モード)に達している。

 もちろん、パジェロなどで悪路走破性に定評ある三菱のSUVであるため、オフロード性能もばっちり。三菱自動車自慢の悪路や雪道で絶大なる威力を発揮するS-AWC=本格4WD機能を備え、4輪をモーターで駆動する。しかもPHEVだけに、車載の100V/1500Wコンセントから電気を取り出し、車内外で家電品が使えるとともに、家庭への給電も可能。その給電はV2Hという機器でクルマに蓄えた電気を家で使う仕組みのことで、満充電のバッテリーのみで一般家庭の約1日分、バッテリーと満タンのガソリンがあれば最大約10日分の電気がまかなえるから超便利・超安心である。万一の災害や停電時にライフラインが寸断しても、アウトランダーPHEVがあれば、マイ給電(発電)ステーションになりうるというわけだ。

燃費もオンロードも兼ね備えたオフロード系SUV

 そんなアウトランダーPHEVは、オンロードでの走行性能も素晴らしい。高速道路の安定感はばっちりで、矢のように直進してくれることはもちろん、山道ではハイレベルなシャシー性能、クイックなステアリングの操作性、キビキビしながらもウルトラスムースに曲がる操縦性の良さが際立ち、カーブを意のままに走れるトレース性能、しなやかなフットワークテイスト、4輪をモーターで駆動する安定性を発揮してくれるのである。

燃費もオンロードも兼ね備えたオフロード系SUV

 前後ツインモーター4WDの車両運動統合制御システム「S-AWC(SUPER ALL WHEEL CONTROL)」には、ふたつのドライブモード=「SNOW」モード、「SPORT」モードもあるから、走り方は自在。地震・災害大国の日本でもっとも頼りになる1台と言っていい。燃費性能がズバ抜けていいことは、もちろんだ。

燃費もオンロードも兼ね備えたオフロード系SUV

画像ギャラリー