コロナ対策になる? 効果は半永久的? クルマの「抗菌パーツ」とは (1/2ページ)

コロナ対策になる? 効果は半永久的? クルマの「抗菌パーツ」とは

「抗菌」とは菌を長時間増やさないこと!

 新型コロナウイルスの感染拡大以前から、抗菌グッズはたくさんある。自動車関連でも抗菌加工済みのハンドル、シフトレバーといったものがあり、ディーラーなどでも抗菌コートを施工するメニューを用意しているところが増えている。

 これらの抗菌グッズとは、どのようなものなのだろうか?

 抗菌グッズは、抗菌作用のある抗菌剤を素材に練り込んだりコーティングさせたものと、細菌が嫌うという銅や銀、あるいは光触媒の作用で、黄色ブドウ球菌、大腸菌などの菌の繁殖を防ぐものに大別できる(光触媒に太陽や蛍光灯などの光が当たるとその表面で強力な酸化力が生まれ、接触してくる有機化合物や細菌など近くの有機物から電子を奪い、二酸化炭素や水に化学変化させ無害化させる)。

【関連記事】マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

クルマの「抗菌パーツ」はコロナウイルス対策になるのか画像はこちら

 ただ「抗菌」は菌を一時的に死滅・除去する殺菌・除菌とは違って、あくまで「菌を長時間増やさない」という意味なので要注意。

 JIS(日本工業規格)では、加工されていない製品の表面と比較し、細菌の増殖割合が100分の1以下(抗菌活性値2以上)である場合、その製品に抗菌効果があると規定。これらを抗菌加工製品と認めている。

画像ギャラリー


新着情報