駐車時に役立つ装備を標準化! ルノー・トゥインゴが一部改良を実施

駐車時に役立つ装備を標準化! ルノー・トゥインゴが一部改良を実施

ボディサイドのストライプも仕様変更でスタイリッシュに

 ルノー・ジャポンは、コンパクトカー「トゥインゴ」を仕様変更し発売した。メーカー希望小売価格(税込み)は、トゥインゴEDCは201万5000円、トゥインゴEDCキャンバストップが213万5000円(トゥインゴSに価格変更はなし)。

 今回の改良では、これまでユーザーからの要望が多かった、バックソナーやリヤカメラなど駐車時に役立つ安全装備を充実させている。

【関連記事】これが付いてないクルマは買うな! イマドキ新車の5種の神器

ルノー・トゥインゴが仕様変更で装備を充実画像はこちら

 また、トゥインゴEDC/トゥインゴEDCキャンバストップとトゥインゴSのボディサイドストライプを、ポップなドット柄から3色の3本ラインに変更。これはボディカラーに合わせて2パターンが設定される。

ルノー・トゥインゴが仕様変更で装備を充実画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報