5世代すべてが絶対王者のスカイラインGT-Rに挑み続けたライバル車たち (1/2ページ)

5世代すべてが絶対王者のスカイラインGT-Rに挑み続けたライバル車たち

スカイラインつねにGT-Rは国内外のライバルを打ち破ってきた

 国産車で「レースに勝つために生まれてきたクルマ」といったとき、真っ先に名前が浮かぶのは、なんといっても日産スカイラインGT-Rだろう。ハコスカの49連勝、R32のグループA29戦29勝、N1耐久29戦28勝をはじめ、レースでの活躍はもちろん、チューンドカーとしても、国内外のライバルをつねに打ち破ってきた。そうした歴代GT-Rのライバルたちにスポットを当ててみよう。

1)ハコスカGT-R(PGC10/KPGC10)のライバル

 初代GT-R(PGC10/KPGC10)のライバルといえば、マツダのロータリー軍団。ファミリアロータリークーペ、カペラ、サバンナGSⅡが直接的なライバルだった。またトヨタ1600GT(コロナHTにDOHCの9Rエンジンを乗せたモデル)も、初期のライバルとしてGT-Rを苦しめた。とくにGT-Rのデビュー戦では、紙一重の辛勝だった。

【関連記事】走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

スカイラインGT-Rに挑むも敗れたライバル車画像はこちら

 その後、負け知らずの49連勝という記録を作るが、GT-Rの50連勝を阻んだのは10Aロータリーの代わりに、12Aロータリーを積んだサバンナGT=RX-3。ハコスカの天敵は、サバンナで決まりだろう。

スカイラインGT-Rに挑むも敗れたライバル車画像はこちら

2)ケンメリGT-R(KPGC110)のライバル

 ケンメリGT-RことKPGC110は、1973年に登場した。オイルショックの影響で、レースにも出場せず、生産期間は4カ月。197台しか生産されなかった。そんなケンメリGT-Rのライバルは?

スカイラインGT-Rに挑むも敗れたライバル車画像はこちら

 なかなか難しいが、同じ1973年にデビューした、トヨタのセリカリフトバック2000GT(145馬力)か、三菱のGTO・GSR(125馬力)といったところだろうか。

スカイラインGT-Rに挑むも敗れたライバル車画像はこちら

 ケンメリGT-Rを含め、いずれも2リッターエンジン。フェアレディZ-L(S30の2リッター)も125馬力だったが、S20エンジンを積むケンメリGT-Rは、160馬力! ケンメリGT-Rには、車重がヘビーという欠点もあったが、最高速は200km/hという触れ込みは魅力的だった。

スカイラインGT-Rに挑むも敗れたライバル車画像はこちら

画像ギャラリー