「RX-7」の記事一覧

「高すぎて買えない!」は本当? GT-RやRX-7などの「まともな個体」の中古相場とは

価格の幅はかなり広く新車価格を超えるものも!  一時期は免許取り立てのユーザーの入門車的な存在となっていた90年代スポーツカー。しかし、あれから時代は流れ、気づけば市場に存在する個体のほとんどが高値安定となっている。  ...

続きを読む...

280馬力規制があるからメーカーもファンも白熱! 1990年代の熱すぎるスポーツカー6台

馬力規制によって個性あふれるスポーツカーが多数登場した  2020年、国産モデルで最大馬力のスポーツカーといえば600馬力を誇る日産GT-R NISMOだろうが、1990年代には280馬力の自主規制があった。いわゆる「2...

続きを読む...

京商から人気マンガ「頭文字D」に登場する高橋啓介FD3Sの18分の1スケールモデルが発売!

好評につき藤原拓海のAE86も再入荷!  ホビーメーカーの京商は、同社のモデルカーブランド「京商オリジナル」より、18分の1スケールレジンモデル「頭文字D マツダRX-7FD3S」を5月25日(月)より発売する。メーカー...

続きを読む...

5世代すべてが絶対王者のスカイラインGT-Rに挑み続けたライバル車たち

スカイラインつねにGT-Rは国内外のライバルを打ち破ってきた  国産車で「レースに勝つために生まれてきたクルマ」といったとき、真っ先に名前が浮かぶのは、なんといっても日産スカイラインGT-Rだろう。ハコスカの49連勝、R...

続きを読む...

農道のポルシェに小さなセルシオ! いま復活すれば話題沸騰間違いなしの消えた名車4選

同様のコンセプトがないモデルや現代の概念に合ったモデルも!  毎年多くの新型車が登場する一方で、残念ながら生産を終了してしまうモデルもある。生産を終了する理由はさまざまだが、なかには惜しまれつつ姿を消していったモデルや時…

続きを読む...

【どれ乗っても面白くない……クルマに飽き気味な人は乗れ!】「人生観が変わる」ぐらい衝撃の走る中古国産車4選

速さの頂点と遅さの頂点! どちらも個性的な走りの魅力がある 「最近、クルマにときめかなくなりつつある……」とお嘆きの方もいるのではないだろうか。確かに最近のクルマは環境対策だったり、利便性だったりを重視し過ぎて、ずば抜け...

続きを読む...

偶然か? それともパクリか? 驚くほど似たデザインの輸入車と国産車3組

本当に偶然なのかと疑いたくなるほど似たデザインも  自動車のデザインというものは流行り廃りも影響するため、どうしても似たようなものになってしまいがちだ。また、最近では空力性能などもないがしろにできないため、ある程度似たよ…

続きを読む...

勝手に賞賛! 20世紀に誕生した世界に誇れる偉大すぎる日本車5選+α

中古市場で「億」を超える取引額の名車も  かつて新世紀という言葉が近未来を示す時代があった。いまや21世紀であることが当たり前であり、なおかつ次の22世紀というのは未来といっても自分たちが生きているとは思えず、リアルな未...

続きを読む...

レーシングドライバーでも冷や汗をかいた! 難易度MAXの90年代国産スポーツカー3選

トップフォーミュラドライバーでさえ手に汗握るピーキーな挙動  近年、国産モデルからスポーツカーと呼べるジャンルのクルマが激減している。しかし、バブル前後の1989年〜1999年頃まではスポーツカーは若いユーザーの憧れであ...

続きを読む...

20年前のクルマなのに新車時の2倍も! 限定車でもないのに価格高騰の国産中古車4選

中古スポーツなのに振り回すことに気が引けるモデルも  一般的に自動車というものは購入時が高く、年数が経過するごとにその価値が目減りして価格も下がっていくものだ。もちろん、走行距離などによってもその下がり幅に違いはあるもの…

続きを読む...

クルマが主役じゃないけど存在感抜群! アニメに登場するモデル3選

名脇役の乗るクルマにもファンは注目している  いつの時代も漫画やアニメの影響力はバカにできないものがある。連載当時ではただの古いスポーティーカーだったAE86を一気にスターダムに押し上げたのも「頭文字D」の影響が多分にあ...

続きを読む...

まだまだスポーツモデルが元気だった! 平成10年の名&迷車7選

「ハチロクの再来か」と登場前から話題沸騰となったモデルが発売  5月1日に新たな元号、令和がスタートした。31年間続いた平成という時代は多くの大規模災害や長かった不景気などに見舞われ、激動の時世であったといえるだろう。 ...

続きを読む...

デイリーランキング