スズキ・スイフトが改良で安全装備を充実! カラーバリエーションの充実や外観デザインも一部変更

スズキ・スイフトが改良で安全装備を充実! カラーバリエーションの充実や外観デザインも一部変更

カラーバリエーションも追加され選択肢が広がる

 スズキは、スイフトならびにスイフトスポーツの安全装備を充実させるなど一部仕様変更し、5月25日(月)より発売する。

 今回の改良では、後退時の衝突被害軽減をサポートしてくれる後退時ブレーキサポート(※1)、後方誤発進抑制機能(※1)、リヤパーキングセンサーを搭載。また、全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロール(※2)車線逸脱抑制機能(※3)、標識認識機能も採用し、安全装備を充実させた。

スズキスイフトが一部改良

 さらに、15km/h以上で走行中に隣接車線後方からの車両接近を検知し、ドアミラーのインジケーターでドライバーに知らせる車線変更サポート付きブラインドスポットモニターも搭載。また、車両後退時に自車の後方左右から接近する車両を検知し、メーター内の表示と警報音で注意を促すリヤクロストラフィックアラートも採用している。そのほか、全方位モニター用カメラ(メーカーオプション)に、周囲を立体的に360度確認できる3Dビューを追加した。

スズキスイフトが一部改良

 スイフトは、グレード体系の見直しと外観デザインの変更が行われた。ガソリンエンジン車はXG、RSの2機種、マイルドハイブリッド車はHYBRID MG、HYBRID RSの2機種、ハイブリッド車はHYBRID SZの1機種、合計5機種展開となる。

 エクステリアパーツは、立体感を強めた新意匠のフロントメッキグリルを採用。XG、HYBRID MGに、シルバー塗装の新意匠アルミホイールをアップグレードパッケージとしてメーカーオプション設定した。切削加工&ブラック塗装を施した新意匠アルミホイールは、RS、HYBRID RS、HYBRID SZに採用している。

スズキスイフトが一部改良

 また、全グレードにおいて2トーンルーフ仕様を設定。全機種において、フレイムオレンジパールメタリック ブラック2トーンルーフを新設定。RS、HYBRID RS、スポーツにはバーニングレッドパールメタリック、スピーディーブルーメタリックにブラック2トーンルーフを新設定している。スポーツを除く全車には、ラッシュイエローメタリック シルバー2トーンルーフ仕様を新設定。これにより、スイフトは10パターン、スイフトスポーツは9パターンの車体色を用意している。

スズキスイフトが一部改良

 機能性では、フロント2ツイーター&リヤ2スピーカーを全車に標準装備し、計6スピーカーに。マルチインフォメーションディスプレイにはデジタル車速表示を追加。そしてオートライトシステムを全車に標準装備している。

※1 5速MT/6速MT車を除く
※2 5AGS車/5速MT/6速MT車を除く
※3 スイフトスポーツには従来より採用済み

スズキスイフトが一部改良

画像ギャラリー