続々廃業にクルマ好き涙! いまコイン洗車場が減少しているワケ (1/2ページ)

続々廃業にクルマ好き涙! いまコイン洗車場が減少しているワケ

ユーザーの洗車頻度の減少が大きな理由のひとつになっている

 STAY HOME週間だった今年のゴールデンウィーク。「三密を避け、屋外で愛車の洗車でも」と思った人も多いはず。そうしたとき、かつてあったコイン洗車場がかなり減少していることに気付いたのでは?

 なぜ、コイン洗車場は減ってしまったのか。第一の理由は、ユーザーの洗車の頻度が減ってしまったためだ。

 かつては「1カ月に一度の洗車」は当たり前のように言われていたが、各種の調査によると、いまは年に2~6回という人が4割近くで一番多い。また、経済産業省の所管する独立行政法人中小企業基盤整備機構の資料を見ると、コイン洗車場の利用経験者の23%が「利用経験あるが、現在利用していない」と答えていて、リピート率が低いことが明らかになっている。

コイン洗車場が減っている理由

 また、

・利用客は土日に集中する

・天気に左右されやすい。天候の悪い2月や6月は売り上げが落ちる

・周辺の住民から汚水、騒音などによる苦情が多い

 といったことも、コイン洗車場経営のデメリット挙げられており、これらも新規出店の見合わせ、そして廃業などへつながっていると考えられる。

画像ギャラリー