「激映え」確実で「超マイナー」! オシャレ女子度「マシマシ」の輸入車5選 (1/2ページ)

「激映え」確実で「超マイナー」! オシャレ女子度「マシマシ」の輸入車5選

まるでアート作品のようなオシャレな一台も!

 SNSが生活の一部になっている今、「映えること」に命をかけている女性も多いことでしょう。食べるものや身に付けるもの、なんでも見た目のインパクトが最優先。旅先の景色でも、まったく観光スポットでもなんでもない場所が、SNSの投稿によって一躍有名に! なんて話もよく聞くようになりました。それならば、せっかくだからクルマだって、「映え」重視で選んでみませんか? 今回は、超マイナーだけど映えること間違いナシの、オシャレ輸入車をご紹介します。

1)DS・DS3クロスバック

 まずは、2020年3月の月間販売台数がなんと、わずか78台という超マイナーなフランスの自動車ブランド、DSのオシャレなコンパクトクロスオーバーSUV、DS3クロスバックです。もともとはシトロエンのさらに上級なプレミアムラインとして人気となったDSは、とにかく外観もインテリアも独創的。彫刻のようなボディライン、宝石のように輝くLEDヘッドライトなど、まるでアート作品のような外観です。

マイナーだけどオシャレな輸入車

 まさしく、パリの街に似合うそうな雰囲気ですが、日本の金沢のような古都にも、意外にマッチするのでもう、映えまくりですよね。インテリアでも日本車では見たこともないようなダイヤモンド型のスイッチとか、高級腕時計のベルトをイメージしたようなレザーシートとか、パーツひとつひとつまで「映え」確定。いつでもどこでもパシャッと写したくなることでしょう。ちなみに「映え」だけでなく、1.2リッター3気筒ターボ+8速ATの走りも、とても気持ちのいいものです。

マイナーだけどオシャレな輸入車

2)アルファロメオ・ジュリエッタ

 お次は、DSよりは知名度も販売台数も上ですが、やはり2020年3月の販売台数は220台にとどまってしまった、イタリアの自動車メーカー、アルファロメオのコンパクトカー、ジュリエッタ。1954年に登場した初代から、世にも美しいデザインで世界中を虜にしてきたクルマで、もちろん現行モデルもあちこちに美しさが溢れています。

マイナーだけどオシャレな輸入車

 盾をモチーフとしたグリルに置かれた、十字架と蛇のアルファロメオのエンブレムだけでも映えるのですが、そのエンブレムに隠された意味を知れば、ますますその魅力の虜になってしまうかも。そして、1.7リッターターボの走りはかなり情熱的で、ラテンの国ならではの楽しさがありますよ。

マイナーだけどオシャレな輸入車

画像ギャラリー