メーカーの心意気に感謝しかない! いま増加中の旧車の純正パーツ再販は「ほぼ利益度外視」の事業だった (1/2ページ)

メーカーの心意気に感謝しかない! いま増加中の旧車の純正パーツ再販は「ほぼ利益度外視」の事業だった

代表的な国産名車は一部の部品が再生産されラインアップも拡大

 古いクルマを維持していく上で、誰もがぶつかるのが部品供給の問題だ。メーカーもそのモデルが生産終了してから一定期間は部品の供給はしてくれるものの、徐々に供給される部品が減っていき、最終的には保安部品さえ供給されないという状況になってしまう。

 そうなるまでの年月はメーカーや車種によってもさまざまだが、そうなってしまうと中古品や他車部品の流用、既存部品の加工などで凌がなくてはならなくなってしまい、どんなに愛着があっても乗り続けることが難しくなってしまうのである。

 しかし、最近ではマツダが初代ロードスター用を、日産(NISMO)が第2世代スカイラインGT-R用を、ホンダがビート用を、トヨタがスープラ用の部品を一部再生産するようになり、これらの車種を愛用するユーザーからは喜びの声が聞かれたが、果たして実際のところはどのくらい活用されているのだろうか?

【関連記事】第2世代GT-Rオーナーに朗報! R32に続きR33&R34も純正補修部品の再生産がスタート!

名車の補修部品再生産はどれだけ活用されているか画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報