まさかの一般車に混じって公道自走も! 「戦車」の移動事情とは (1/2ページ)

まさかの一般車に混じって公道自走も! 「戦車」の移動事情とは

有事ではなくても日常的に公道を通る地域もある!

 戦車はもちろん特殊車両なのだが、法律的にも大型特殊車両という扱いになっていて登録が可能だ。実際、すべての保有車両ではないかもしれないが、ナンバーが付いている。つまり、公道を走ることが走ることが可能。ナンバー以外にも、ライトやサイドミラーなどの保安部品も付いていて、公道を走る装備としてはクルマ同様と言っていい。また免許は大型特殊が必要だ(資格は別途必要)。

戦車が公道を走れる理由

 有事は別として、実際に走ることはないだろう、と思うかもしれないが、有名なところでは、大分県玖珠町は日常的に公道を行ったり来たりしている。また戦車が多く配備されている北海道の千歳市も同様で、それぞれのホームページには通行のお知らせが発表されている。

戦車が公道を走れる理由

 どちらも駐屯地と演習地が離れていて、その間の移動のために公道を利用するのだが、玖珠町のお知らせは「戦車道における戦車等の通行予定について」で、千歳市は「令和元年度C経路通行予定のお知らせ」と、かなり仰々しいもの。

 詳しく見ると、玖珠町は上山、下山とあるので、高台に移動することがわかるし、お子さんが戦車の前に飛び出さないように注意して下さいとあったり、町民が走る戦車を眺めている写真が掲載されていたりして、かなり身近な感じ。

画像ギャラリー