新しいディーラーの形を提案! ボルボがスタッフとの接触機会を減らすオンライン商品説明を導入

新しいディーラーの形を提案! ボルボがスタッフとの接触機会を減らすオンライン商品説明を導入

今後は契約書などもオンライン上で処理できるよう準備中だ

 ボルボ・カー・ジャパンは、オンラインコンテンツの強化策として、ホームページ内に「ボルボ・デジタルラウンジ」を開設。店舗スタッフとの接触機会を減らす新しい商品説明や、試乗機会が提供可能となるオンライン商品説明の運用を、7月2日(木)より全国の正規ディーラーにて開始する。

【関連記事】ボルボの世界観をVR体験やカフェ&バーで体感! 北欧そのもののボルボ・スタジオ・青山

ボルボが新しいカタチのオンラインサービスを開始画像はこちら

 このオンライン商品説明は、新規の来店客はもちろん、既存客にたいしても利便性の向上につながるという。セールス担当者は専用タブレット端末を用いて、ショールームの展示車両を画面上に映しながら商品説明を行い、内外装色やシート生地などをショールーム内の説明用マテリアルを用いてオンラインで提案することができるようになる。

ボルボが新しいカタチのオンラインサービスを開始画像はこちら

 また、試乗する際はセールスマンが同情しなくても、事前説明や体感ポイントを動画で事前確認することで、同乗しながら商品説明をされるのと同様の試乗体験ができる「セールスが同乗しない試乗」の展開も進めていく予定だ。

 このオンライン商品説明を活用していくことで、新車・中古車の提案のみならず、下取り車の参考価格、ローンを含めた購入資金の提案などもオンライン上で可能になる。すでにオンライン上での試乗受付や車検点検時の入庫予約受け付けは実施済み。オンライン商品説明の運用が拡充することで、新たな形での商談や試乗、営業時間にとらわれない入庫予約が可能になるなど、ユーザーのライフスタイルにあった新しいディーラーとのコンタクト方法が提供できるというものだ。

 今後は最終的な売買契約書やローン締結なども、オンライン上で行えるように準備を進めていく予定となっている。

ボルボ・デジタルラウンジページURL(7/2開設予定)
https://www.volvocars.com/jp/buy/sales/digital-lounge

画像ギャラリー