【試乗】ボルボXC90にスポーティなRデザインが登場! R初のディーゼル搭載でこれまでとは違ったキャラに (1/2ページ)

【試乗】ボルボXC90にスポーティなRデザインが登場! R初のディーゼル搭載でこれまでとは違ったキャラに

Rデザインとディーゼルとの組み合わせは今回が初

 新世代ボルボ第一弾として登場したのがフラッグシップSUVのXC90である。次世代パワートレイン「Drive-E」、次世代プラットフォーム「SPA」、そしてスカンジナビアンデザインを強調したエレガントな内外装とすべてを一新。世界でも高い評価を得ている。日本では持て余すボディサイズではあるものの、日本導入以降1000台/年をコンスタントに販売。じつはこの数字は同クラスのジャーマン3とほぼ同等である。

 そんなXC90が初のマイナーチェンジを実施。その変更内容は外装のリフレッシュと安全支援デバイスのアップデートがメインだが、注目は特別仕様車「D5  Rデザイン」の追加だろう。ちなみにRデザインとディーゼルとの組み合わせは初となる。

【関連記事】日本の輸入車市場に異変! 鉄板のドイツ勢が停滞しマイナーメーカーが躍進しているワケ

モータージャーナリストの山本シンヤがボルボXC90に試乗画像はこちら

 ボルボは今も昔も「安全なクルマ」というイメージが非常に強いが、その一方でモータースポーツにも非常に積極的なメーカーだ。振り返ると、グループAに参戦していた「240ターボ」、BTCCに参戦していた「850エステート」、そしてWTCCのチャンピオンマシン「S60」などが思い浮かぶが、そんなスポーティなイメージを盛り込んだグレードが「Rデザイン」というわけだ。

モータージャーナリストの山本シンヤがボルボXC90に試乗画像はこちら

 エクステリアは専用のグリル/バンパー(前後)/22インチのタイヤ&アルミホイールの採用によりスポーティさを表現。今回のマイナーチェンジでアルミホイールのデザイン変更とミラー/ルーフレール/ウインドウまわりを艶消しメッキ→艶有りブラックへと変更されている。インテリアは専用スポーツシート/ステアリング/シフトノブ/リアルカーボンパネルの採用に加えて、唯一のパドルシフトも装着。ちなみにこれまでRデザインはブラック内装のみの設定だったが、今回からOPでブロンズ内装も選択可能に。これは日本サイドからの要望の一つだったそうだ。

モータージャーナリストの山本シンヤがボルボXC90に試乗画像はこちら

 パワートレインは2リッターディーゼルターボの高出力仕様「D5(235馬力/480N・m)」と8速ATの組み合わせは、ノーマルモデルから変更はなし。フットワークは、従来のRデザインは専用セットアップのスポーツサスペンションが採用されるが、XC90のRデザインに関しては車格とキャラクターを考慮し、デビュー当初からノーマルと同じサスペンションを用いる。ただしOPのエアサスペンションを採用すればドライブモードと連動して操安性重視の「ダイナミックモード」も選択可能である。

画像ギャラリー