気のせいじゃなかった! 軽自動車のハンドルが「遠い」と感じるワケ (1/2ページ)

気のせいじゃなかった! 軽自動車のハンドルが「遠い」と感じるワケ

背の高い人ほど軽自動車で快適で安心できる運転姿勢を取りにくい

 軽自動車を運転する際、ハンドルが遠いと感じる人がいるかもしれない。ハンドルに手が届くように座席の背もたれをさらに起こすと、ヘッドレストが後頭部に当たり、姿勢もより背筋が立ったようになって、腰が落ち着かなくなるのではないか。あるいは、ハンドルに手が届くようにと座席位置を前へ移動させると、足元が窮屈になり、ペダル操作をしにくく感じるのではないか。

【関連記事】「N-BOX・タント・スペーシア」売れに売れてるスーパーハイト軽自動車は万能選手じゃない! 5つのデメリットとは

軽自動車やコンパクトカーのハンドルが遠いと感じる理由画像はこちら

 背の高い人ほど、軽自動車で快適かつ安心できる運転姿勢を取りにくいはずだ。理由は明らかで、ハンドル位置の調整用のテレスコピック機能が装備されていないからである。軽自動車で唯一テレスコピックを装備するのは、ホンダN-WGNだ。それ以外は、ホンダのN-BOXでもテレスコピックは装備されていない。

軽自動車やコンパクトカーのハンドルが遠いと感じる理由画像はこちら

 テレスコピックとは、ハンドルの前後位置を調節する機能だ。これに対し、ハンドルの上下位置を調節する機能を、チルトという。そしてこのチルト機構は、ほぼすべての軽自動車に装備されている。

軽自動車やコンパクトカーのハンドルが遠いと感じる理由画像はこちら

 登録車になると、多くのクルマでチルトとテレスコピックの両方を装備している。ただし、コンパクトカーといわれる比較的小さな車種では、軽自動車と同じようにテレスコピックを装備しない例が多い。

名前:
御堀直嗣
肩書き:
フリーランスライター/2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員
現在の愛車:
2009年型トヨタ・プリウス
趣味:
乗馬、読書
好きな有名人:
池波正太郎、山本周五郎、柳家小三治

画像ギャラリー


新着情報