プジョー新型208/e-208が発売開始! 「パワートレインを選択する自由」を提供

noteで書く
プジョー新型208/e-208が発売開始! 「パワートレインを選択する自由」を提供

プジョー初のピュアEVは389万9000円から購入可能!

 2020年7月2日、プジョーからBセグメントのコンパクトカー、208/e-208が発売された。価格は208 Styleが239万9000円、208 Allureが259万900円、208 GT Lineが293万円、e-208 Allureが389万9000円、e-208 GT Lineが423万円(税込)。

 208はガソリンモデル、e-208はEVモデルとなるが、このクルマは「THE POWER OF CHOICE」(選べるという魅力)を前面に押し出す。従来のガソリン車が一般的でEVは高額、高級というイメージを払拭。機能、装備、スペースなどを同等とし、ライフスタイルや使用状況、好みに応じて自由に選ぶことを可能としたという。

プジョー208/e-208のプラットフォーム

 プラットフォームは208/e-208のいずれにも、CMP(Common Modular Platform)を採用。PSAグループのB、Cセグメント専用の新しいプラットフォームで、ガソリン、EV双方の動力源に対応。また同等の居住空間、ラゲッジスペースを確保する。その他、軽量化やエアロダイナミクスの改良、 転がり抵抗の削減、低騒音化や振動レベルの低減にも寄与する。

【関連記事】優等生に飽きた人に禁断の果実! 一度ハマったら抜けられない「イタフラ」のオススメ中古車4選

プジョー208/e-208が発売開始画像はこちら

プジョー208/e-208の走り

 ガソリンモデルの208には1.2リッターターボエンジンを採用。最高出力100馬力、最大トルク250Nmを発揮する。GPF(ガソリン・パーティクル・フィルター)を装着し、排ガスのクリーン化とともに燃費を約7%改善。電子制御8速オートマチックトランスミッションEAT8と組み合わせることによって、JC08モードで19.5km/Lという優れた燃費を実現。またこのEAT8によって、走りはスムースで軽快、かつレスポンスに優れる。

プジョー208/e-208が発売開始画像はこちら

 e-208は100%電動パワートレインを搭載。電気モーターは最高出力136馬力(100kW)、最大トルク260Nmを発揮する。搭載バッテリーは50kwhで、バッテリーの保証は8年、16万キロとなっている。最大走行距離は欧州WLTPモードで340km。自然吸気ガソリンエンジンで2.6リッター相当の最大トルク260Nmをゼロ回転から発生させることで、刺激的なドライビングフィーリングを実現する。

 さらにe-208にはSport(100kw/260Nm)、Normal(80kw/220Nm)、Eco(60kw/180Nm)の、3つのドライブモードを用意。ブレーキモードはD(内燃機関の挙動に近い自然な走行感を重視)と B(エネルギー回生を強化)の2つから選択が可能だ。

プジョー208/e-208が発売開始画像はこちら

プジョー208/e-208の内外装

 ワイドなフェンダー、長く彫刻的な造形のボンネット、寝かされたCピラーなどにより、スポーティで伸びやかな外観を実現。GT Lineには三本爪をモチーフにしたフルLEDヘッドライト、グロスブラックのホイールアーチや17インチホイール(他グレードは16インチ)を備える。

プジョー208/e-208が発売開始画像はこちら

 またe-208にはボディカラーに合わせて塗装されたラジエターグリルやダイクロイックライオン(ライオンマークの色調が見る角度によって変化する)、リヤハッチのe-208バッジとCピラー部分のeマークを採用。

プジョー208/e-208が発売開始画像はこちら

 ボディカラーは新色のヴァーティゴ・ブルー、ファロ・イエロー、エリクサー・レッドを含む全6色を展開。

 インテリアについても、デザイン、質感、ビルドクオリティ、機能とあらゆる面でBセグメントのイメージを大きく覆す。

 3D-iCockpitでは(Styleを除く)、データの重要度や緊急度に応じて情報を3次元表示。一層目には主に重要かつ安全に関する情報、二層目にはそれらに準ずる情報を表示し、これによりドライバーは情報に対して約0.5秒反応時間を短縮することができるという。センターコンソール上部には7インチのスクリーンが配置され、空調、オーディオ、ナビゲージョンシステム、車輌設定などが可能だ。

プジョー208/e-208が発売開始画像はこちら

 シートはGT Lineにはホールド性が高く、素材にはアルカンタラ&テップレザーを採用するダイナミックシート、Allureには長時間ドライブでも疲れにくいコンフォートシートを設定。

プジョー208/e-208が発売開始画像はこちら

プジョー208/e-208の安全装備

 安全装備も充実させている。主な内容は以下。

・アクティブセーフティブレーキ
自動車、二輪車、歩行者、夜間検知に対応(Styleは二輪車および夜間検知機能なし)。

・アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)
前車が完全停止したのち3秒以内に再発進すればアクセル操作無しで追従する。3秒以上経過した場合は、ワンアクションで設定速度まで回復。渋滞時の加減速にも対応する。
※GT Line、Allure

プジョー208/e-208が発売開始画像はこちら

・レーンポジショニングアシスト
左右の車線の任意の左右位置(無段階)をドライバーが選び、その白線から一定の距離を保ったまま走行可能。ほぼ全速度域でステアリング補正を実施する。
※GT Line、Allure

・レーンキープアシスト
約65km/h以上の速度で走行中、車載カメラが車線を検知。ウィンカー操作がない状態で車線からはみ出しそうになると、自動的にステアリングに反力を生じさせ、元の車線へと戻す。

プジョー208/e-208が発売開始画像はこちら

・アクティブブラインドスポットモニターシステム
走行中、斜め後方のブラインドスポット(死角)に存在する後続車輌を超音波センサーで感知し、ドアミラー内にオレンジ色の警告灯を点灯。さらに後続車輌の進路に入ろうとした場合は、ステアリングの反力によって車線変更を抑制する。
※GT Line

・インテリジェントハイビーム
ルームミラー部に取付けられたカメラが常に前方の状況を分析。先行車や対向車の有無、照明の状況などにより、ハイビームとロービームを自動的に切り替え、対向車を幻惑することなく、常に最適な前方視界を確保する。
※GT Line

・トラフィックサインインフォメーション
制限速度および進入禁止に関する道路標識をマルチファンクションカメラで読み取り、インストルメントパネルに表示。制限速度はドライバーが任意でクルーズコントロールまたはスピードリミッターに連動させることが可能だ。

・バックソナー/ワイドバックアイカメラ
バックする際、車輌後方の状況をタッチスクリーンに投影。またステアリング操作による距離や車輌の進行方向の表示、および俯瞰映像により精度の高い表示を提供する。また後部近接ソナーも装備。

・フロントソナー/サイドソナー
フロントおよびサイドの近接ソナーを備える。
※GT Line(フロントソナー/サイドソナー)、Allureはフロントソナーのみ

・プロキシミティスマートキー(プジョー初)
車輌が近接するキーを検知することでドアのアンロック/ロックを行う一歩進んだキーレスエントリーシステム。ロックは2m以上離れると作動、アンロックは1.5m以内に近づくと作動する。バッグやポケットに入れたキーを出す必要がないため、スマートに乗り降りができる。
※GT Line、Allure

画像ギャラリー


新着情報