海の安全を守るフォレスターがカッコいい! SUBARUが日本ライフセービング協会に車両を提供

海の安全を守るフォレスターがカッコいい! SUBARUが日本ライフセービング協会に車両を提供

事故ゼロを目指し12台のスバル車を提供!

 SUBARUは日本ライフセービング協会(JLA)の「水辺の事故ゼロ」を目指す活動をサポートするため、「SUBARUライフセーバーカー」としてフォレスターなど計12台を提供。2020年7月8日(水)に東京都・エビススバルビルにて贈呈式が行われた。

【関連記事】スバル車ならなんでも大好き……なハズのスバリストからも見放されたスバル車3選

SUBARUが日本ライフセービング協会に車両を提供画像はこちら

 会場には同席したライフセーバーの方のユニフォームと同色のラッピングが施されたフォレスターが鎮座。これからJLAとともに活動していくこの車両からは、どこか頼もしさが感じられた。

 SUBARU常務執行役員の佐藤洋一さんは車両提供の理由について「JLAの取り組みは2030年までに死亡事故ゼロを目指すSUBARUの理念と共通する」と話した。

SUBARUが日本ライフセービング協会に車両を提供画像はこちら

 JLAは日頃より全国の海や川、湖で水難事故の防止や人命救助などに取り組んでいる。今夏は新型コロナウイルスの影響で海水浴場の開設が見送りになる地域もあるが、JLAはそれらの海岸でも活動をしていくという。

 今回提供されるクルマは2020年7月から8月の間、神奈川県、千葉県、静岡県の海岸でレスキューボード、AED、救急箱などの救助機材を積み込んだライフセーバーの本部として使用されるほか、救護用水上バイクの牽引、救急時の救護所などさまざまな用途で使用される予定だ。

 JLA理事長の入谷拓哉さんは「今年の夏はSUBARUの協力を得ながら、『安心と愉しさ』を届けられるよう活動していきたい」と語った。

SUBARUが日本ライフセービング協会に車両を提供画像はこちら

 航空機メーカーをルーツとし、人の命を守ることを最重要視して車両を開発してきたSUBARUのクルマがこの夏、海の命を守るために奮闘する。

画像ギャラリー