「座る子供」と「愛車」に合っているかが重要! 現役子育てママが教えるチャイルドシートの選び方 (1/2ページ)

noteで書く
「座る子供」と「愛車」に合っているかが重要! 現役子育てママが教えるチャイルドシートの選び方

チャイルドシートは体格や年齢に合わせて選択するべきだ

 県をまたいでの外出が自粛解除になり、そろそろドライブ旅行を計画している人も多いのではないでしょうか? とくに小さな子供がいるファミリーにとっては、ドアツードアで出かけられるクルマの旅は、何かと便利で助かりますよね。

 ただ、そんなときに絶対に忘れちゃいけないものが、チャイルドシートです。クルマについているシートベルトは、大人が使用することを前提に作られていますので、身長が低く、まだ骨格が発達途中でもろい子供がそのまま使っても、本来シートベルトが果たすべき安全性能が正しく発揮されないどころか、逆に危険を招いてしまうこともあるんです。なので子供にとっては、シートベルトの代わりとなって命を守ってくれるのがチャイルドシート。

 乗車中の交通事故による致死率を見てみても、チャイルドシートを着用していた子供と比べて、チャイルドシート不使用の子供の致死率はじつに16倍(警察庁/平成29年中 自動車同乗中のチャイルドシート使用有無別致死率)にもなってしまうんです。よく、「子供が嫌がるから」と言ってチャイルドシートを装着しない保護者がいますが、大切な命を失うかもしれないと考えたら、少しくらいグズられたって、装着してあげるのが本物の愛情だと思います。

 さて、とは言ってもチャイルドシートっていろいろあるので、どれを選んでいいかわからない、という人もいますよね。そこで今回は難しいことは抜きにして、最低でも必ずチェックしてほしいポイントを3つだけお伝えしたいと思います。

1)子供の身長、体重に合わせたものを選ぶ

 1つ目は、子供の身長・体重で選ぶこと。チャイルドシートには大きく分けて、新生児・乳児用のベビーシート、幼児用のチャイルドシート、学童用のジュニアシートがあります。製品によって、ベビーシートとチャイルドシートを兼用できるもの、チャイルドシートとジュニアシートを兼用できるものなどがあって、主流なのは新生児〜身長100cm・体重15kg(3〜4歳)くらいまでを兼用で使い、100cm・15kgを超えたらジュニアシートに切り替えるという使い方です。子供の成長に合った製品を使わなければ、チャイルドシート本来の安全性能は発揮できませんので、必ず身長・体重が合っているものを選んでくださいね。

【関連記事】この後席は狭すぎる! 一見ファミリー向けなのに家族で使うには厳しいクルマ6選

チャイルドシートの選び方画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報