生産台数わずか197台! 中古価格1000万円! 悲運の激レア名車「ケンメリ」スカイラインGT-R (1/2ページ)

生産台数わずか197台! 中古価格1000万円! 悲運の激レア名車「ケンメリ」スカイラインGT-R

R380やハコスカのDNAを受け継いだ期待の2代目GT-Rだった

 国産車でプレミアム・ヒストリックカーというと、337台しか生産されなかったトヨタ2000GTが真っ先に思い浮かぶかもしれないが、その希少性でいえば、2代目スカイラインGT-R、いわゆるケンメリGT-Rも負けてはいない。

 ケンメリGT-Rの生産台数は、197台。トヨタ2000GTは国内販売が218台で、いまでも国内に現存しているのは100台前後といわれている。ケンメリGT-Rは国内専用車で、現存台数は同じく100台前後。希少性という意味では立派なライバルだ。

悲運のスカイラインGT-R「ケンメリ」

 そもそも「スカイライン」は、日産に吸収合併されたプリンス自動車のブランドで、プリンス自動車は、モータースポーツに非常に力を入れていたメーカー。2代目スカイラインのS54Bは、第2回日本グランプリを制するため、1.5リッター直4のベース車にグロリアの2L直6を押し込んだ元祖「羊の皮をかぶった狼」。

 同時にプリンス自動車ではミッドシップの本格的なレーシングカー=R380を開発し、1966年の日本GPを制している。しかし、同年プリンス自動車は日産自動車に吸収され、3代目スカイライン、いわゆるハコスカは「日産スカイライン」として1968年に登場する。

悲運のスカイラインGT-R「ケンメリ」

 その翌年、ハコスカのハイパフォーマンスバージョンとして登場したのが、最初のスカイラインGT-R、PGC10(4ドア)。このクルマに搭載されたのが、R380のために開発された、レーシングエンジン=GR8型をデチューンした、DOHC4バルブ、160馬力のS20エンジン。

悲運のスカイラインGT-R「ケンメリ」

 ほとんどレースに勝つことを目的に開発されたハコスカは、ツーリングカーレース49連勝の大記録を打ち立て、1972年のモデルチェンジで生産終了。そのハコスカGT-Rのバトンを受け継いだのが、2代目GT-RのケンメリGT-R=KPGC110だ。

悲運のスカイラインGT-R「ケンメリ」

画像ギャラリー