「タグ: SKYLINE」の記事一覧

SKYLINEに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

日産スカイラインが仕様変更! ボディカラーとインテリアカラーに新色を追加

スポーティさをより際立たせたカラーを追加設定  日産自動車は、同社を代表するスポーツセダン「スカイライン」を一部仕様変更した。今回の変更は内外装の色にまつわる改良となっている。  現行モデルのスカイラインは、高速道路にお.…

続きを読む...

一番売れたのは「70年代」の「4代目」で13代目まで記録更新できず! それでもスカイラインが続くワケ

大衆受けするクルマを作れと言われて誕生した4代目が大ヒット  かつて、多くの自動車好きは「クルマの基本はセダンだ」と主張していたが、現実的にはセダンというカテゴリーは衰退の一途をたどっている。  自販連が発表している20...

続きを読む...

デアゴスティーニの最新作はケンメリGT-R! 週刊SKYLINE 2000GT-R【KPGC110】発売決定

ヘッドライトも点灯する本格派!  毎号付属するアイテムを組み立てることで、精巧なスケールモデルが完成することで人気のデアゴスティーニ・ジャパンのアイテムラインアップに、新たにケンメリGT-Rが完成する「週刊SKYLINE...

続きを読む...

400馬力の「400R」に日産ファン乱舞! スカイラインに「やっと」熱い走りが蘇ったワケ

スカイラインに久々復活となった俊足グレード!  国産メーカーのなかでも、意外にもセダンのラインアップが豊富な日産。執筆時点での国内販売車種を見ても、シルフィ、スカイライン、フーガ、シーマと4車種が存在し、つい先日まではテ.…

続きを読む...

生産台数わずか197台! 中古価格1000万円! 悲運の激レア名車「ケンメリ」スカイラインGT-R

R380やハコスカのDNAを受け継いだ期待の2代目GT-Rだった  国産車でプレミアム・ヒストリックカーというと、337台しか生産されなかったトヨタ2000GTが真っ先に思い浮かぶかもしれないが、その希少性でいえば、2代...

続きを読む...

最新作は人気のカメラ用アクセサリー! ワキプリントピアからR32GT-Rロゴ入りホットシューカバー発売

GT-Rのロゴがさり気なくカメラをスタイルアップさせる!  個性的なクルマ関連アイテムを多数ラインアップするワキプリントピア。最新作として、日産スカイラインGT-R(R32型)のロゴをモチーフにしたカメラアクセサリー「ホ...

続きを読む...

第2世代もまだまだ現役! ニスモがスカイラインGT-R用全長調整式スポーツサスペンションキット発売

市街地走行での操縦安定性も考慮したセッティング  ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(以下ニスモ)は、今もなお人気の高いスカイラインGT-R(BNR32、BCNR33、BNR34)用全長調整式スポーツサスペン...

続きを読む...

第2世代GT-Rオーナーに朗報! 復刻純正補修部品「ニスモヘリテージパーツ」にアイテムを追加

ハーネス類からバンパー、5速トランスミッションなどが復刻  日本のみならず、世界にも多くのファンを持つ日産スカイラインGT-R。可能な限り長く乗り続けていけるよう、日産自動車とニスモ、ニスモカーズディビジョン(オーテック...

続きを読む...

GT-R誕生50周年記念! 歴代モデルをデザインした切手とハコスカのミニカーをセットにした限定品が登場

セットされるモデルカーは今回のコラボモデル専用品!  日本郵便株式会社南関東支社と日産自動車は、共同で制作したオリジナルフレーム切手セットの販売を2月10日(月)より開始すると発表した。5000セット限定で、4600円(...

続きを読む...

レーシーな400Rとラグジュアリーを極めた2台! 日産ブースは個性派スカイラインに注目【東京オートサロン2020】

市販化希望! クルマのコンセプトを際立たせるカスタマイズ  日産自動車は、1月12日(日)まで千葉県・幕張メッセで開催中の東京オートサロン2020に出展した。注目は新型スカイラインをベースにした、2台のコンセプトモデルだ...

続きを読む...

人気の京商SAMURAIシリーズ最新作! 日産スカイラインGT-Rオーテックバージョンが登場

特徴的なボディラインは18分の1スケールでもリアルに再現!  魅力的なモデルカーを多数ラインアップするKYOSHO。同社の人気18分の1&12分1スケールシリーズ「SAMURAI」の最新作として、日産スカイラインGT-R...

続きを読む...

4ドアGT-Rをベースにしたパトカー2種を再現! 43分の1スケールモデルカーがヒコセブンより発売

神奈川県警仕様は箱根駅伝の先導車としても活躍!  魅力的なモデルカーを展開するヒコセブンは、オリジナルブランドの「RAI’S」より、43分の1スケールの日産スカイラインGT-R AUTECH VERSIONを...

続きを読む...

発売から約1カ月半で計画の9倍売れた! 日産スカイラインのマイナーチェンジが成功したワケ

技術の日産を象徴するかのようなモデルに生まれ変わった  2013年9月に登場した通算13代目となるスカイラインは、スカイラインという車名はキープしながらも、インフィニティのエンブレムを装着。ターゲットは40代前半の男性で...

続きを読む...

型式よりも愛称を復活希望! 歴代スカイラインの「愛すべきあだ名」とその由来4選

呼んではいても理由を知らない人も多い  1957年のデビューから現在の現行モデルまで13代もの歴史を誇るスカイライン。これだけ長い歴史がある車種だけに、愛称を持つモデルも多く存在している。そこで今回はスカイラインに付けら...

続きを読む...

クラウンやカローラとも違う! 誕生から60年以上経っても日産スカイラインが名車と呼ばれ続ける理由

レースでポルシェを抜いたことが人気に火をつけた  日産スカイラインの歴史は、日産と合併前のプリンス自動車時代に遡る。プリンス自動車は、はじまりが航空機メーカーであったことも関係して、最先端の技術にこだわる気風が強かった。…

続きを読む...

1 / 212

デイリーランキング