わずかな期間で半額の衝撃! 中古車市場で「国産車」より「輸入車」の値落ちが激しいワケ (1/2ページ)

わずかな期間で半額の衝撃! 中古車市場で「国産車」より「輸入車」の値落ちが激しいワケ

中古車市場では国産車の価格を下まわることもめずらしくない

 クルマ好きならば一度は所有してみたいと考える人が多くいるであろうフラッグシップモデル。各メーカーの技術の粋を集めたモデルは、走りの面でも快適性の面でも最先端のものが採用されているのだから気にならないハズがない。

 しかし、国産メーカーのフラッグシップモデルと輸入車のフラッグシップモデルを比較したとき、中古車価格に大きな開きがあることにお気づきだろうか?

 たとえば、国産フラッグシップモデルの例としてレクサスLS、輸入車のフラッグシップモデルとしてBMW7シリーズをピックアップして比較してみよう。

【関連記事】若者オーナー皆無! キング・オブ・おやじセダンTOP5

高級輸入車の値落ちが激しい理由画像はこちら

 某中古車サイトでチェックすると、2018年式で走行距離が2000キロ台、修復歴なしのレクサスLS Iパッケージが955万円で販売されていた(新車価格は1042.5万円)。

 一方、同じ2018年式、走行距離1000キロ未満、修復歴なしのBMW 750i Mスポーツは788万円となっていたのだ(新車価格は1614万円)。

 ボディカラーはレクサスがホワイト系、BMWがブラック系とどちらも人気のカラーであり、新車価格は500万円以上BMWが高いにもかかわらず、中古車価格はレクサスの方が150万円以上高くなっている。つまり、新車時の価格も考慮すると600万円以上の差が生まれているというわけなのだ。

画像ギャラリー